黒ずみ広がった毛穴を引き締める!

毛穴を一掃するための洗顔、パック、美容機器

公開日:2021/12/27

更新日:2022/01/12

0

鏡を見て、ふと毛穴の存在に気付きました。マスク生活で蒸れたりケア不足だったりして毛穴が存在感を増している!今すぐ毛穴の大人肌のお手入れに取り入れたい3アイテムをアラフィフ世代の美容ライター・中尾慧里さんがご紹介します。

毛穴を一掃するための洗顔、パック、美容機器

大人の毛穴問題。解決するためのアプローチとは

大人の毛穴問題。解決するためのアプローチとは


ふと拡大鏡を使って肌を見たとき、毛穴が増えていることにびっくり。実際には増えていないのですが、黒ずんだり開いたりして毛穴がはっきり目立って見えるようになったせい。これはヤバい!と思って、早速毛穴ケアに取り掛かりました。

とはいえ、昔のように鼻に張り付けて毛穴の角栓をベリベリとはがすシールタイプは、この年齢でやるのはご法度。摩擦などの肌刺激によって逆に肌荒れを起こしたり、角質が厚くなってくすんでしまうことも。かといって、小鼻あたりをゴシゴシと力任せに洗うのもNG。毛抜きで角栓を抜くなんて論外です。肌にやさしく、かつ毛穴にターゲットを絞った専用アイテムを選んでみました。

まずは基本の洗顔から。黒ずみ毛穴ケア専用のクレンジングアイテム

まずは基本の洗顔から。黒ずみ毛穴ケア専用のクレンジングアイテム

大人の肌の毛穴対策はどうしたらいいのか。まずは、洗顔・クレンジングでのお手入れを取り入れることに。何がいいかと悩んでいる際、まつエクをしている私にも使えるタイプをチェック。そして選んだのが、時短だけど本格的エイジングケアを掲げる「DUO」の「デュオ ザ クレンジングバーム ブラックリペア」です。

とろける、とろける♪でおなじみのクレンジングバームの、黒ずみ毛穴ケアに特化したブラックバージョンです。開けてびっくり。真っ黒です。それもそのはず。独自開発の“ブラックパウダー”と、吸着成分である活性炭の働きで、毛穴汚れを落とします。他にも2種の抗炎症作用成分や4種の発酵成分などの組み合わせが毛穴汚れや角栓を溶かし出して吸着。W洗顔不要で、キメを整えてみずみずしいクリアな肌に仕上げます。

DUO デュオ ザ クレンジングバーム ブラックリペア 90g 3960円、20g(ミニサイズ版)880円
問)プレミアアンチエイジング https://www.duo.jp/

毎日の洗顔に加えてエイジングケアも兼ねたスペシャルケア

毎日の洗顔に加えてエイジングケアも兼ねたスペシャルケア


クレンジング・洗顔で毎日ケアしていれば安心。というわけでもないので、週1~2回はパックを導入。大人肌におすすめなのが、ホメオバウの「O2パック」。炭酸ガスを封じ込めたジェル状パックです。

皮膚医療の現場で、患者の肌を再生する炭酸治療の効果から応用されたのが炭酸パック。炭酸ガスが肌の角質層までしっかり届き、フラーレン、ヒアルロン酸、プラチナナノコロイドなどの厳選された美容成分をゆき渡らせます。ジェルとパウダーを使用前に混ぜるのでピュア。シートタイプより手間はかかりますが、つるんとした感触やもっちり感、ワントーン明るくなる仕上がりは格別。毛穴が気にならない肌をキープするための定期的ケアに。

ホメオバウ O2パック 10セット 1万2100円、スパチュラとカップのセット 330円
問)株式会社サンライズジャパン ホメオバウ化粧品 www.homeobeau.com
 

サロンに行けなくても自宅で本格派の毛穴ケア

サロンに行けなくても自宅で本格派の毛穴ケア

本当はプロの手でお手入れしてもらうのが一番、極楽な結果を招くはず。でも、まだ新型コロナウィルスも怖いし、お金もかかるし……。そう思っていたら、自宅でサロン並みのクレンジング効果が期待できる毛穴吸引洗浄アイテムを発見。

脱毛サロン「脱毛ラボ」を展開するセドナエンタープライズは、ホームケアで簡単にトリートメントできる美容機器「HYDRACLEANSING BISER(ハイドラクレンジング・ベゼ)」を開発。エステやクリニックで行う、ハイドラフェイシャルというメニューと似たようなアプローチです。つまり、渦巻状の水流によって、古い皮脂や余分な角質をやさしく取り除き、毛穴の奥から一掃することができます。

使い方は簡単。まずはタンクに水道水を入れ、3段階から一つ吸引力を選びます。アタッチメントも部位によって取り替えられます。最初は一番弱いタイプでトライ。肌にぴたりと吸い付いて、キューっと引っ張られます。最初はそのパワーに驚きますが、だんだん慣れてきて、シュポシュポとやり終わった後の肌がつるんとしていてさらに驚きます。

HYDRACLEANSING BISER(ハイドラクレンジング・ベゼ) オープン価格 
問)セドナエンタープライズ https://datsumo-labo.jp

■もっと知りたい■

中尾 慧里

なかお・えり 1966(昭和◎41)生まれ。ビューティライター。チャイルドボディセラピスト1級取得。女性誌、WEBにて美容に関する記事執筆、コスメ開発のコンサルティングなども手掛ける。ブログ『中尾慧里の美験』をゆっくり更新中。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ