自分でできるケアの方法も教えます

たるみ毛穴と黒ずみ詰まり毛穴の原因と対処法

公開日:2019/07/10

更新日:2019/07/12

15
会員限定

年齢を問わず、肌悩みの上位に挙げられる毛穴問題。今回は、詰まり、開き、黒ずみなど、歳を重ねるごとに複雑化する年齢肌の毛穴トラブルがテーマです。毛穴トラブルの原因とクレンジングと洗顔による対処法を、菅沼薫さんに教えてもらいます。

毛穴の詰まりと たるみの2タイプが毛穴の悩み

年齢肌の悩みで多いのが、実は毛穴。毛穴悩みには2タイプあって、1つ目は、若い頃から気にしていた人も多い、‟詰まり毛穴”。

 丸い、詰まり毛穴
丸い、詰まり毛穴

詰まり毛穴とは、皮脂や角質、汚れが混ざった”角栓”が毛穴に詰まった状態のことを言います。中でも、詰まった皮脂が酸化して黒くなると、毛穴が黒いブツブツのようになり、触るとざらっとした状態になります。皮脂が酸化するのは、透明だった食用油が何度か天ぷらで使っているうちに色づいて、最後には黒くなるのと同じ原理。若い頃に比べて皮脂の分泌量が減ったとはいえ、皮脂分泌が多い額や鼻のTゾーンは毛穴が詰まりやすい部分です。また、鼻にはうぶ毛がなく、皮脂が毛を伝って流れ出ないことも、皮脂が詰まる原因の一つと言えます。

またこれが2つ目のタイプ“たるみ毛穴”。肌のたるみによって形が変わってしまう毛穴です。

涙型になったたるみ毛穴
涙型になったたるみ毛穴

 もともと、毛穴は下の図のように丸い形をしています。ですが、皮膚のたるみとともに毛穴も縦長に下がって涙形になり、その結果、毛穴も開いて見えてしまうのです。目の下から鼻の横や頬の毛穴に多く見られます。皮膚を上に軽く引き上げると毛穴が気にならないなら、それはたるみ毛穴です。

たるみ毛穴のイメージ
たるんでいない毛穴とたるみ毛穴のイメージ​​​​​​

年齢肌の場合、この2つの毛穴が混在していることがほとんどです。そのため、それぞれの毛穴のタイプに合ったお手入れを行う必要があります。

毛穴のトラブルができやすい場所
赤が、詰まり毛穴になりやすい場所、青がたるみ毛穴ができやすい場所

脂は油で落とす!角栓をなくすクレンジング

肌タイプと同じように、毛穴の詰まりやすさにも個人差があります。毛穴に詰まった角栓は、皮脂と古い角質細胞(垢)が混ざったもの、つまり脂の塊です。皮脂は肌のバリア機能を正常に働かせるために必要なので、ざらつきが気にならない人は無理に角栓を取る必要はありません。ですが、詰まりによるざらつきや、脂質や酸化しやすい脂質を多く分泌する人は、毛穴に皮脂を溜めないようなお手入れを日々行いましょう。

具体的に角栓のケア方法をご紹介します。...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

菅沼 薫

すがぬま・かおる ビューティ&ライフ サイエンティスト、武庫川女子大学客員教授、sukai美科学研究所代表。日本顔学会会長をはじめ、日本化粧品技術者会役員、日本香粧品学会評議員などを務める。美容雑誌「VOCE」における化粧品比較実験を長年手掛ける。化粧品と肌のスペシャリストとしてメディアでも活躍中。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ