なぜくぼむの? 目の下のたるみをどう戻せばいいの?

目のクマ部分の陥没、たるみの進行を止めるケア

柳田美由紀
松宮詩依 https://tengenji-solaria.com/
監修者
天現寺ソラリアクリニック院長
松宮詩依

一時的な疲れによる青黒いクマが、いつしか消えない定番の影に。そしてよく見ると、微妙に凹んで陥没しているような……。そんな老け顔の一因になっている、目の下の凹みとたるみの原因と対処法を解説します。

撮影=中西裕人、モデル=桂智子、小島けさき
【目次】
  1. 目の下の凹みとたるみをCheck&check!
  2. 目の下がたるむ原因は?
  3. 目の下のたるみを予防するには
  4. 目の下のたるみを気にならなくする最終手段は、美容医療
  5. 関連記事

目の下の凹みとたるみをCheck&check!

 

□目の下のクマが慢性化している

□目の下のクマ部分に段差がある気がする

□目の下のクマ部分が陥没するように凹んでいる

□陥没した影の線と目の間の部分がふくらんできた

 

上の写真のように、目の下の慢性化しているクマの下を指の腹で軽く押し上げてみましょう。

クマが消えるようなら、血行不良によるクマではなく「たるみによる影」です。

年齢を重ねるほど影は長くなり、いずれは目頭から目尻近くまで、大きな半円を描くことになります。この窪みをバギーアイと言います。

ちなみに上のチェックリストは、たるみレベルが軽いものから並んでいます。

目の下がたるむ原因は?

下まぶたには、眼球を守るように脂肪が入ったクッションが存在しています。

クッションとなっている脂肪は、眼窩隔膜(がんかかくまく)と呼ばれる袋の中に詰まっているのですが、加齢でこの袋が弱くなって緩むため、眼球の奥にあるはずの脂肪が皮膚近くまで落ちてきてしまうのです。当然ながら、皮膚も眼輪筋も老化が進んでいるので、脂肪が入ったクッションが飛び出さないように支えるのが難しくなります。

同時に、目周りの顔面骨が萎縮し、骨から皮膚までをつなぎとめアンカーの役割をするリガメントが緩みます。

これらが合わさって、目の下のたるみの原因となっているのです。

目の下のたるみを予防するには

目の下のたるみを予防するには、眼窩隔膜と眼輪筋と皮膚の若々しさを保つことが大切です。

とはいえ、眼窩隔膜に直接何かをすることはできません。

そのため、目元用の美容液やクリームなどのスキンケアを徹底し、肌疲れを癒し、健康なハリのある目元肌を育みましょう。また眼精疲労は、眼だけに影響を及ぼすわけではありません。美容ツールを用いて回復の手助けを。目周りの肌に効くサプリメントを摂ることも有効です。

 

おすすめのアイテム

カネボウ化粧品

なめらかに伸び、濃密なうるおいを与える

溝やシワの奥底までしっかりなじむ使用感。少量を指先で置くようになじませるのがコツ。

DEW スペリア アイクリームコンセントレート  20g 8640円(税込/カネボウ化粧品 0120-518-520)

 

 

ロート製薬

なみだ型乳酸菌+αで目元の肌目周りが潤いシワも改善

teargross

15日間で目周りの肌がうるおい、シワが薄くなったというデータが。さらに目のきらめき度もアップ。朝晩に毎日摂りたい美容補助食品。

ティアグロス 30粒入り(約2週間分) 2376円(税込/ロート製薬 06-6758-1230)

 

セリジエ

ハリ対策の専用美容液にシートを浸して貼って眠って

目元の年齢サインに。貼って眠るだけで翌朝のハリ感にうっとり。シートは凍結乾燥したコラーゲンそのものだから、手応えが一味違う。

コラゲナイト〈二剤式部分用マスク〉 5包入り 美容液30ml 2980円(税込/ハルメク0120-771-194)

目の下のたるみを気にならなくする最終手段は、美容医療

目の下のたるみがどこまで進行しているかで、有効な手段は違ってきます。とはいえ化粧品や美容ツールを駆使しても、1度できてしまった影や凹みを目立たなくすることは困難を極めます。化粧品や美容ツールでできるのは、今後の老化を遅くすることです。

一度できた目の下の影や凹みを目立たなくするには、美容医療に頼るしかありません。

影や凹みの治療には、ヒアルロン酸(※1)やベビーコラーゲン、脂肪などの注入、自己血液から抽出した成分を注入するPRP皮膚再生療法(※2)などの再生医療があります。

目の下の老化が進行すると、線と凹みだけでなく、脂肪によるふくらみが混在してきます。ふくらみを目立たなくしたいということになると、注入では対応できず、外科的手術を検討することになります。いずれにせよ、信頼できる医師に相談してください。

 

(※1)ヒアルロン酸注入
目の下、こめかみ、ほうれい線など、へこみが気になる部分に注入し、凸凹を目立たなくする治療法。薬剤のメーカーと種類、必要とする量、用いる針、また誰に治療をお願いするかで料金は大きく異なる。

(※2)PRP皮膚再生療法
自己血液から血小板を抽出し、目の下やほうれい線やシワが目立つ部分の肌に戻すことで、組織を再生させる注入系の治療法。元の状態に戻るまでは半年から7年程度という話もあり、どこで治療するかにより結果は大きく異なる。線維芽細胞を入れた場合数年とされていたが、しこりの問題もあり、PRPだけでは数か月しかもたないという意見も多数出ており、最近は下火になってきた手法。

人物撮影=中西裕人、ヘアメイク=小島けさき、モデル=桂智子

関連記事

柳田美由紀

やなぎた・みゆき 大手化粧品メーカーで商品開発、宣伝PR業務を経て、独立。『プレシャス』、『婦人画報』、『美的GRAND』を始め、女性誌などで美容記事を執筆するほか、商品開発のコンサルティング、宣伝物の執筆なども手掛ける。@beauty_cosme_from_japan

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ