2019/09/05 2

遺影ってどう処分するの?

遺影ってどう処分するの?

 

この間、遠くに住むいとこから相談されました。「大掃除をしていたら、納戸から曽祖父母、祖父母の遺影が出てきて、どうしたらいいかわからなくて困っているの」とのこと。

 

遺影を飾る場所がなく、できれば処分したいそうなんだけどどう供養したらいいか教えてほしい、と言われたので早速調べてみました。

 

昔は、壁にご先祖様の遺影を並べて飾っている家が多くありました。昔のように壁には飾れないけど、捨てるに捨てられずにそのまま保管されていたのかもしれません。自分が同じ立場になったときのためにも、遺影の処分の方法について調べてみることにしました!

 

遺影に使用されることが多い写真は、四つ切(よつぎり)と呼ばれるサイズで、大きさは30.5cm×25.4cm。その大きさの写真が額縁に入れられるとさらに大きくなるわけで、保管するにも置き場所に困るというのが現状のようです。 

 

遺影は、個人を偲ぶために通夜や葬儀の際に飾られますが、四十九日の法要が終わったあとは、特別な理由がない限りは処分してしまっても問題ないのだそう。

 

遺影の処分法については、特にこうしなければいけないという決まりはありません。そもそも遺影自体には宗教的な意味はないため、額縁のガラスと枠は分別ゴミとして処分して構いません。写真は、四つ折り程度に折って封筒に入れて燃えるゴミに出す。または、自宅の庭でお祈りしながら燃やすという人もいるようです。

 

ただし、ゴミとして出すことには抵抗を感じる人もいるかもしれません。その場合は、お焚き上げ供養の委託サービスを利用するのもひとつの方法です。

 

これは、宅配便などで遺影を送るだけでお焚きあげ供養をしてもらえるというもの。費用も1500円~(送料は申し込み者負担)と、比較的利用しやすい価格設定です。お焚き上げ供養をしてもらえるなら、罪悪感なく遺影を手放せるし気持ちの上でもすっきりしますよね。

 

最近は、遺影をはがきサイズほどの大きさに縮小して写真立てに入れて飾るという方法を取る人も多いのだそう。

 

ワタシはいとこに、遺影をスキャンしてデジタルデータにして、お焚き上げ供養する方法を提案しようと思っています。こうしておけば、いつでもパソコンを立ち上げるだけでご先祖様に再会できますからね。

 

ご先祖様といえば、仏壇の処分方法も困ることがあるかもしれません。詳しくはこちらの記事まで→「仏壇ってどうやって処分すればいいの?

 

■人気記事はこちら!

知ってるようで実は知らない? 

素朴な疑問ランキング

 


 

参照:公益社

   涙そうそう

 

ワタシの遺影はほどほどに若い頃のものにしてほしいわ!
ワタシの遺影はほどほどに若い頃のものにしてほしいわ!

 

イラスト:飛田冬子

 


人に話したくなる面白雑学「素朴な疑問」

 

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ