特集|草笛光子さんに学ぶ「きれいに生きる」姿勢#2

ハツラツ!草笛光子さんが70代で始めた体づくり

公開日:2021.09.28

更新日:2024.02.15

気品ある凛とした佇まい、美しいグレイヘアが多くの憧れを集める草笛光子(くさぶえ・みつこ)さん。90歳を迎え、ますます輝いています。そんな草笛さんの元気の秘訣は、体づくり。2010年のインタビューより、70代で実践していた方法をお届けします。

草笛光子さんのプロフィール

くさぶえ・みつこ 1933(昭和8)年、神奈川県生まれ。50年松竹歌劇団に入団。53年に映画デビュー。日本ミュージカル界の草分け的存在で「ラ・マンチャの男」「シカゴ」などの日本初演に参加。その演技が認められ、芸術祭賞、紀伊國屋演劇賞個人賞、毎日芸術賞など受賞多数。99年に紫綬褒章、2005年に旭日小綬章を受章。映画、テレビドラマでも精力的に活躍。著書に『草笛光子のクローゼット』(主婦と生活社刊)など。

72歳で体調不良に。体づくりを始める

「6週間のダンスレッスン」で、6種類のダンスを6週間で覚えていく主人公リリーを演じる草笛さん 撮影:望月ロウ
「6週間のダンスレッスン」で、6種類のダンスを6週間で覚えていく主人公リリーを演じる草笛さん 撮影:望月ロウ

草笛光子さんが72歳から始めた舞台「6週間のダンスレッスン」は、68歳の主人公リリーが、年若いインストラクターに6週間で、スイング、タンゴ、ワルツ、フォックストロット、チャチャチャ、コンテンポラリーといったさまざまなダンスを教わりマスターしていく物語。

舞台の草笛さんの華麗なダンスに、観客から「すごい!」と毎回拍手が起こる恒例の舞台です。

「実は2006年の初演の際、千秋楽の翌日に調子を崩して高熱を出しました。がんばっていたので、体が順応できなかったのですね。舞台で体を動かしていますから、特別に体づくりを意識したことがありませんでしたが、体力がなくなっていることに気付かされました。

これは大変、女優の仕事を続けていくなら本格的に体をつくり直さなければ、とわかったんです。それが私の体づくりの出発点でした」

会話をしながら楽しく筋トレ!体との対話も大切

会話をしながら楽しく筋トレ!体との対話も大切

「それ以来、パーソナルトレーナーをお願いして自宅の稽古場で週1回2時間のトレーニングを続けています。最初の頃はストレッチとバランスボールを使った筋肉トレーニングでしたが徐々に運動量を増やしていき、今は8kgのおもりを腰につけてスクワットもしています。

そりゃあ、苦しいと感じるときもありますよ! ...

このコンテンツは、ハルメク365本会員の方のみご視聴ができます

365本会員に登録すれば
記事・講座動画が見放題!

雑誌「ハルメク」

女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

マイページに保存

\ この記事をみんなに伝えよう /

いまあなたにおすすめ