特集|草笛光子さんに学ぶ「きれいに生きる」姿勢#5

髪、体づくり…草笛光子さんの素敵に年齢を重ねる秘訣

公開日:2021/09/28

7
会員限定

87歳の今も俳優として第一線で活躍する・草笛光子(くさぶえ・みつこ)さん。草笛さんのハツラツとした姿と言葉から、きれいに生きるヒントを学ぶ特集です。2018年3月のインタビューから、第5回は素敵に年齢を重ねる秘訣をお届けします。

草笛光子さん

80代になっても仕事の第一線で走り続ける

70代を前に染めることをやめたという美しい白髪に、毎日、日焼け止めを欠かさない白い肌。軽やかな身のこなしでインタビューの場所に現れた草笛光子さんの美しいこと! それでいて、開口一番「お待たせいたしました。この年になると、道路工事(メイク)が多いものですから」といたずらっぽく笑う、キュートなお茶目さがあります。

「2017年秋に、84歳になりました。この頃は、仕事のどこの現場へ行っても最高齢。若い役者さんからは、『おっ母』『おばば様』なんて呼ばれています。それで調子に乗って、偉そうにするわけにもいきませんし、頼れる年上の人がいなくなってきた怖さというか、責任感が重くのしかかってくることもありますね。

でも長く生きてしまったのはしょうがないですから、最高齢という席に、なるべく慣れようとしているところです」

70代、80代と年を重ねてなお、現役バリバリで仕事をしている草笛さん。舞台「ロスト・イン・ヨンカーズ」(2013年)では、80歳にして紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。NHK大河ドラマ「真田丸」(2016年)では真田家をまとめる「ばば様」の熱演が話題に。ライフワークといえる舞台「6週間のダンスレッスン」も再演されるなど、スケジュールがぎっしりっです。2018年4月には、映画「ばぁちゃんロード」で主役を演じました。

映画で草笛さんが演じたのは、脚をけがして、施設で暮らすキヨ。結婚を間近に控えた孫娘と二人でバージンロードを歩くため、懸命にリハビリに励む中で、閉ざした心が少しずつ変化していく物語です。老年の孤独、人に求められる喜び、そして世代を超えた家族の絆が、じんと胸に迫ってきます。

「私には孫がいませんが、私自身がおばあちゃん子でした。母は16歳で私を産んだので、『子どもが子どもを産んだようなもの』と、3人の祖父母が競って私を育ててくれたんです。老人に育てられた子は『三文安い』って言うでしょ。私は3人に甘やかされたから九文安い。だから今も、ぼんやりしてるのね」

「この先どう老いるか」悩んでもわからないことは考えない

...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ