人生の先輩に学ぶ、生き方と暮らし方の流儀2

樹木希林さんの“さりげない気遣い”の格好よさ

公開日:2020/02/25

13
会員限定

2018年9月に75歳で亡くなった樹木希林さん。生前の言葉や行動、暮らしぶりには、たくさんの示唆がありました。樹木さんと公私ともに親しくされていたという、石田節子さんの話からは、その片鱗をのぞくことができます。

樹木希林さん

着物を通して30年来のお付き合い(石田節子さん)

着物

着物スタイリストの石田節子さん。「お正月を写そう♪」でおなじみのフジカラーのCMで、樹木希林さんの衣装を担当していたのが石田さんです。  
 

樹木希林さんと出会ったのは私が35歳の頃。ドラマの衣装のスタイリングと着付けを担当したのをきっかけに、希林さんのきものを仕立て替えるお仕事をさせていただきました。

希林さん自身、きもの好きな上、きものをいただくことも多く、ご自宅には二竿では収まらないくらい大量のきものがありました。でも増え過ぎて、どうしていいか困っていらして。

それを「着てあげたいのよ。くださった方も喜ぶから、日の目に当てたいのよ」って。それで、毎日ご自宅に通って、着る物、人にあげる物、きものとしては使えない物、と一枚一枚、仕分けました。

希林さんには「捨てる」なんて考えはこれっぽっちもなくて、常に「どう生かすか」です。だから、やみくもにあげるのではなく、似合うきものだけをあげる。物の最後まで考える方でした。

たくさんあったきものが片づくまで、2年ほどかかったでしょうか。希林さんは、その後も、傷んで着られない物を洋服にリメイクしたり、パッチワークの布団カバーにしたりして、はぎれ一枚も捨てませんでした。

気付かれるような気遣いはダメよ

...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ