川邊サチコさんに聞くカッコよく年を取るセオリー

川邉サチコさんの今の年齢だからできるファッション

公開日:2019/11/06

60

川邉サチコさんは、パリコレや日本の広告業界等で活躍してきた81歳の現役美容家です。現在は自身のサロンで、一般女性の美をトータルアドバイスしています。おしゃれには、加齢による変化を生かした、今の年齢だからこそできる着こなしがあると言います。

川邊サチコさん

個性的なおしゃれマダムは、変化の生かし方を知っている

ニューヨークのおしゃれ上級者、しかも全員60歳以上という女性たちのスナップを集めた写真集『アドバンストスタイル』(2013年、大和書房刊)の影響もあり、私たち世代にも個性的なおしゃれマダムが増えてきました。中でも目を引くのは、清潔感のある上質な装いをしている人。加齢による変化を上手に生かし、上質な大人の女を演出しています。

私は肌感や体形に変化が出始めた頃から、美容やファッションのテクニックを見直し始めました。まず眼鏡を使い始めたのを機にメイクアップを変え、赤い口紅をおしゃれに使えるようになりました。

顔の表情が優しく見える自然なアップスタイルで

ファッションは、若い頃はメンズライクな服を好み、スーツにシャツなどマニッシュなスタイルが私の定番でしたが、白髪染めをやめてグレイヘアに変えたことで髪の流れが美しく出るようになり、ロングヘアに。顔の表情が優しく見える自然なアップスタイルにすると、メンズライクな服より女性らしい服や小物が似合うようになり、今まで見なかった新しい私を発見できました。

冬のファッションのお気に入りといえば、足さばきが軽やかになるミニスカート。ロングブーツと合わせコートを着れば暖かい。
冬のファッションのお気に入りといえば、足さばきが軽やかになるミニスカート。ロングブーツと合わせコートを着れば暖かい。

 

歩きやすく履き心地のいいフラットな靴やスニーカーが気分

靴もそう。昔は美しいラインのヒールなどをよく履きましたが、今は、歩きやすく履き心地のいいフラットな靴やスニーカーが気分。エレガントにコーディネートし、さっそうと歩くのが大人のカッコよさだと思います。

20代の頃から愛用のジャケットと、ユニクロのジーンズ、Tシャツを合わせて。イッセイミヤケの小さなバッグを首からさげて軽快に。
20代の頃から愛用のジャケットと、ユニクロのジーンズ、Tシャツを合わせて。イッセイミヤケの小さなバッグを首からさげて軽快に。
 

今の自分に心地よい着こなしを見極めていきましょう

身に着けると元気になれる赤。どこか1か所に取り入れるのがコツ。
身に着けると元気になれる赤。どこか1か所に取り入れるのがコツ。

美しく年を重ねていく上で大切なのは、体が欲することを素直に受け止め、今の自分に心地よい着こなしを見極めていくことです。

またそれは、若い人には絶対にマネのできない、大人だからこそ着こなせるファッション。自信を持って楽しんでいきましょう。

 

※この記事は、川邉サチコ著『カッコよく年をとりなさい グレイヘア・マダムが教える30のセオリー』(ハルメク刊)より一部抜粋して構成しています。


川邉サチコ著『カッコよく年をとりなさい グレイヘア・マダムが教える30のセオリー

川邉サチコ流の生き方のセオリーを、「グレイヘア」「美容」「ファッション」「暮らし方」「生き方」の5つのテーマで、披露します。

「ファッション」の章では、着こなしについてや、スカーフ、バッグとアクセサリー、帽子といったファッション小物を使いこなすコツ、着物について語ります。すべての年齢の日本人女性がカッコよく生きるためのヒントが、詰まった一冊です。

ハルメク通販Amazonや全国の書店でもお買い求めいただけます

■関連記事

 

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ