60代、70代、80代はゆるやかに生きていく#3

坂東眞理子|後半生を生きる覚悟と4つの心の準備体操

公開日:2023.11.03

更新日:2024.02.02

「女性の品格」の著者であり、現在は昭和女子大学総長を務める坂東眞理子さん。50代、60代と女性が新しいステージを見つけ、人生後半を充実して過ごすためには「親友にしがみつかない「「お人好しで十分」――ゆるやかに生きていく覚悟が必要と話します。

坂東眞理子さん(昭和女子大学総長)

坂東眞理子さん(昭和女子大学総長)

ばんどう・まりこ
1946(昭和21)年、富山県生まれ。東京大学卒業。69年、総理府入省。内閣広報室参事官、男女共同参画室長、埼玉県副知事などを経て、98年、女性初の総領事(オーストラリア・ブリスベン)。2001年、内閣府初代男女共同参画局長を務め退官。04年、昭和女子大学教授となり、07年、同大学学長。16年から理事長・総長、23年から現職。06年刊行の『女性の品格』(PHP新書)は330万部を超えるベストセラーに。『70歳のたしなみ』(小学館刊)など著書多数。

心の持ちようを変えるのは行動です

心の持ちようを変えるのは行動です

坂東さんが初めての著書『女性は挑戦する―キャリア・ガールの生き方』を書いたのは、公務員として総理府婦人問題担当室で働いていた31歳のときでした。それから40年以上たった今、家庭、結婚、子どもの数などさまざまなことが変わりましたが「女性の一生で一番大きな変化は長寿化です」と話します。

「例えば今50歳の女性の平均余命は約39年。40年前には予想もできなかったくらい人生が長くなったわけですね。ゆっくりのんびりしているだけでは長過ぎる後半生を幸せに充実して過ごすには、あらためて50代、60代、70代、80代を、ちゃんと自分の足で生きていく覚悟が必要だと思うんです」と坂東さん。

人生の後半期は決して下り坂ではなく「新しい生き方が始まる別のステージ」という覚悟を持った方がいいと話します。

とはいえ、「エイヤッと清水の舞台から飛び降りるように、いきなり覚悟を持てといっても無理なので、まずは『心の準備体操』が必要です」と坂東さんは言います。...

ハルメク365編集部

女性誌No.1「ハルメク」の公式サイト。50代からの女性の毎日を応援する「観る・聴く・学ぶ・つながる」体験型コンテンツをお届けします。
会員登録をすれば、会員限定動画を始めさまざまな特典が楽しめます!

\ この記事をみんなに伝えよう /