GWどう過ごす?片付けに衣替え!お家をスッキリ

捨てる派?整理派?プロが教える片付け&整理整頓術

公開日:2023.04.30

更新日:2023.04.30

時間のあるゴールデンウィークに、家の片付けや整理整頓をしたい!衣替えをしたいと!という方、必見!タイプ別に家をすっきりさせる方法をご紹介。“捨てたい派”も“もったいない派”も、連休を利用して家の中をすっきりさせましょう!

【捨てたい派】二度と散らからない!捨て方のコツ

【捨てたい派】二度と散らからない!捨て方のコツ

「不要な物は捨てましょう!」というと単純なことに聞こえますが、実は脳にとっては高度なミッションだと語るのは、脳内科医で「脳の学校(R)」代表の加藤俊徳(かとう・としのり)さん。“脳の癖”を利用して捨てる決心をつけるには、3つのコツがあるそう。

“脳の癖”を利用して捨てる決心3

  1. 早寝早起き&朝散歩で脳を覚醒
  2. 憧れの部屋や人の写真で脳を刺激
  3. 「捨てるルーティン」を決めて脳の負担を軽減

【捨てたい派】二度と散らからない!捨て方のコツ

それでもなかなか捨てられない“もらい物”や“なぜか増えてしまう物”、“思い出の品”は「本当に大切な物なのか」を判断することも重要と、整理収納アドバイザーの阿部静子(あべ・しずこ)さんは話します。

阿部さんは、1日5分、小さな場所から片付け&物を捨て、「捨てる」ということに慣れることで「本当に大切な物」がわかるようになると話します。

大型連休で時間のあるときこそ、1日5分の習慣を身に付け着け、捨てるコツをつかみましょう!

【整理整頓派】無理なくスッキリ!物の置き方&しまい方

【整理整頓派】無理なくスッキリ!物の置き方&しまい方

手間もお金もかけずに、すっきりとした家にして、快適に過ごしたい……。と感じている方も多いはず。そこで、「ハルメク片づけ大賞」で大賞を受賞した羽生惠子(はにゅう・けいこ)さんに、「無理なく片付く3か条」を伺います。

70歳(取材当時)を目前にして、体力、気力、記憶力が年とともに低下してしまったという羽生さん。そんな羽生さんが“ラクしてきれい”を保つために常日頃、意識しているのは

  1. 必要な物が探さなくても取り出せるように、使う場所の近くに置き場所を決めること
  2. 特売で買い込んだ予備の日用品が家のあちこちにあふれないよう、総量を決めること
  3. 一度、片付けた物が混ざらないよう戻しやすく置くこと

の3つだそう。

キッチンや食器棚、洗面所、クローゼットなど、置き方としまい方を工夫することで、日々の生活から簡単に片付けができると言います。

【整理整頓派】無理なくスッキリ!物の置き方&しまい方

また、100均グッズをフル活用してお金をかけずに収納を工夫していると話すのは、「片づけコンサルタント」の遠藤亜紀(えんどう・あき)さん

「お金をかけなくても、自分なりの工夫を加えて持っているある物を生かせば、暮らしはラクにできます。『この箱、いつか使えそう』となんとなく取っておくと、そのままごみになりがちですが、使い方を少しイメージしておけば、出番がきたときにパッと生かせるんです」と遠藤さんは話します。

無理なく、収納方法などを見直すことで、ぜひスッキリした家を目指してください!

【もったいない派】不要な物を誰かのために!

【もったいない派】不要な物を誰かのために!

自分にとっては不要なものでも、まだ使えそうだしもったいない……。という方は、ぜひその「不要なもの」を活用してみましょう!いらない古着や不用品を寄付して、社会貢献に役立てるのもおすすめです。

例えば「古着deワクチン」は、衣服や使わないバッグを寄付することで、発展途上国の子どもの命を救える仕組みです。

【もったいない派】不要な物を誰かのために!

一般社団法人障がい者アート協会が運営する「ブランドプレッジ」は、自宅や会社の不用品を寄付して障がい者アート活動を応援できるサービスです。

ほかにも、ユニクロやH&Mなどのファストファッションブランドでも衣類の回収プログラムを実施。ぜひ活用してみてください。

【もったいない派】不要な物を誰かのために!

社会貢献できるほどの物かわからない……という方や、趣味の物で寄付が難しそうな物は、フリマアプリの「メルカリ」を利用して、お小遣い稼ぎをするのもおすすめです。

時間のあるゴールデンウィークに、自宅の片付けをして、連休明けをスッキリ迎えましょう!


ハルメク365本会員限定! 動画講座&片付けサポート

服の片付けに悩む人をサポートする、ハルメク365本会員限定のサービスをご存じですか?

このサービスでは、まず動画で片付けや収納の極意を学んだあと、実際にプロのスタッフがお宅に訪問して一緒にクローゼットの片付けを行います。不要になった服は「古着でワクチン」を活用してまとめて寄付できるので、クローゼットがスッキリ片付けられる上、社会貢献にも役立ちますよ。

サービス内容について詳しくはこちら>>

ハルメク365編集部

女性誌No.1「ハルメク」の公式サイト。50代からの女性の毎日を応援する「観る・聴く・学ぶ・つながる」体験型コンテンツをお届けします。
会員登録をすれば、会員限定動画を始めさまざまな特典が楽しめます!

マイページに保存

\ この記事をみんなに伝えよう /

みんなのQ&A みんなのQ&A

いまあなたにおすすめ