「お茶活クラブ」茶畑ツアーレポート

ハルメク版プロフェッショナル仕事の流儀~伊藤園編~

公開日:2022.07.08

メイクアップアーティスト、ウェルネスビューティーアドバイザーの杉崎夕子です。今回はハルメクの「お茶活クラブ」で行った 、お~いお茶で知られる伊藤園さんの「ダイナミックお茶体験ツアー」のレポートをお届けします。

「お茶活クラブ」の茶畑ツアーに参加してきました!

梅雨真っ最中の6月下旬。ハルメクWEB「お茶活クラブ」のイベントで、お~いお茶で知られる伊藤園さんの「ダイナミックお茶体験ツアー」に参加してきました。

「お茶活クラブ」とは、お茶を楽しむことをモットーに、お茶好きが集まるコミュニティのこと。静岡県在住の私も、編集部のみなさんからお誘いを受けて、5月から参加しています。

梅雨のじめじめを吹き飛ばしてくれた感動と感激の一日! 忘れられない体験を今回はレポートさせていただきます。

「お~いお茶」のテレビCMロケ地見学&茶摘み体験

JR静岡駅近くに集合してバスに乗り込み、まずは静岡県富士市にある「大淵笹場」へ。ここは晴れていれば富士山と茶畑の絶景スポット!

大淵笹場は、晴れていればこの景色!(富士山と茶畑)
今回訪れた大淵笹場は、晴れていればこの景色!

大淵笹場は、電線が映り込まない富士山撮影ポイントとして、多くのメディアやカメラマンが訪れます。「お~いお茶」のテレビCMでも素晴らしい景色を見せてくれましたね。

しかし、この日はあいにくの曇りや小雨のお天気。残念ながら富士山は見れません。

でも、お天気がイマイチでも十分楽しい! 

この茶畑を守り続けるベテラン農家さんのお話を聞いた後、丘の上にあるテラス「富士山の茶の間」で、12時間抽出した冷茶と急須で入れた温かいお茶を飲み比べ。

12時間抽出した冷茶!美味しかった
12時間抽出した冷茶!おいしかった

農家さんのお孫さんが作ったという、おいしいお菓子もいただくことができました。

地元の方が作った美味しいお菓子
地元の方が作ったおいしいお菓子

ハルメクメンバーでインスタ映え撮影ミニ講座なんかもして、盛り上がりました(笑)。こうして、おいしいお茶をいただいた後は、いよいよ茶摘み体験。私は小学生以来でした。

茶摘みは茶葉の上の柔らかい上の部分を一芯二葉摘みます。これが楽しくて楽しくて、気づけば夢中になっていて、こんなにたくさん摘んでいました!

私が摘んだお茶です!
私が摘んだお茶です!

自分で摘んだ茶葉は、持ち帰ることができます。私は天ぷらにしてみましたよ。

売店では、大淵笹場で取れた新茶の他、ほうじ茶とコーヒーをブレンドした「Hoffee(ほうひー)」も! 

農家さんがチャレンジして作った「ほうひー」
農家さん&「くすの木学園」がチャレンジして作った「ほうひー」

障害者福祉サービス事業所「くすの木学園」とのコラボ商品で、農業と福祉の連携に向けた取り組みの一つなのだそう。お出掛けの際は、茶葉を発酵させて作る「笹場紅茶」とあわせて、チェックしてみてくださいね。

お昼ごはんは、お茶づくしのスペシャルランチ!

大淵笹場の茶摘み体験が終わった後は、再びバスに乗って、お昼ごはんへ。

富士市にある「日本料理 はせ川」さんのお茶づくしランチをいただきました。お茶を使ったお料理は、どこれもこれも、おいしかったです。特に、抹茶塩でいただく天ぷらが最高でした!

茶葉が混ざった桜エビのてんぷら

凄腕職人がいる工場見学

午後は静岡県牧之原市にある伊藤園さんの工場見学へ。

こちらの工場では「お~いお茶」や抹茶製品、麦茶、タリーズコーヒーなどが製造されています。それぞれ別棟に分かれており、今回は抹茶工房で、茶葉がどうやって製品になっていくのかを見学させていただきました。

工場内の撮影はできませんでしたが、口当たりにこだわり石臼で挽く工程など、とにかく一切妥協しない製法が素晴らしかった! 製品を安心・安全に届けるために細部にまでとことんこだわる姿に感動しました。

思わず「こんなにもコストがかかってしまう製法でいいんですか?」と質問させていただいたところ、「たくさんの方においしいお茶を楽しんでいただきたんです」とのお言葉が! すごいぞ、伊藤園さん!

何から何までこだわり抜く姿に、この会社の在り方や思いを感じ、ありがたい気持ちでいっぱいに。。これからスーパーやコンビニで買う時は思わず拝みたくなる。。そんな気持ちになりました。

抹茶工房のあとは、一般人には非公開(!)という「伊藤園ミュージアム」を特別に見学させていただきました。お茶や「お~いお茶」の歴史にふれた後は、抹茶工房で作られたお抹茶をいただきます。

最高級のお抹茶を満喫!
最高級のお抹茶を満喫!
工場見学するといただけるアイス 美味しかったです
工場見学するといただけるアイス おいしかったです

さらに、お茶の手揉み体験もさせていただきました。最後は、フライパンで火入れ体験。指導してくださった、こだわり職人さんが仕上げたお茶と私が火入れしたお茶は、見た目も香りも、かなり差がありました(笑)。

工場見学の記念品までいただいてしまい、恐縮です。。そして、感無量でした。

移動中のバスの中で聞いた!お茶作りへのアツい想い

そして今回、なにより感動しまくったのは、丁寧に一日中ガイドをしてくださった伊藤園スタッフの方のお話です。

毎日社内で厳しい品質チェックが行われているお話や、社内のお茶の資格制度「ティーテイスター」のお話など。ティーテイスターのランクアップが目標で「日々、お茶愛を高めている」と笑顔で語った女性社員さんの姿が素敵でした。

コンビニに陳列された時に中身の劣化を防ぐためのペットボトルの工夫や、山の上にある自動販売機の製品入れ替えも社員が自ら徹底するなど「おいしいお茶を届けるんだ」という強い想い。

その他にも、ペットボトルのほうじ茶にどうしても一番茶を使いたい「ほうじ茶王子」や、海外武者修行で各社に突撃訪問を続けた結果、緑茶がワークコンディショニング飲料として採用された社員さんのお話など。

どれもこれも感動の実話。たくさんありすぎてここでは書ききれません(笑)。

一日を通じて感じたのは、まさに、プロッフェッショナル仕事の流儀! エピソードにしたらvol.1から100くらいまであるのではと思いました。

今回の茶畑ツアーで出会ったどの伊藤園スタッフの方にも、お茶作りへのアツい想いがありました。

  • とにかく皆さんにおいしいお茶を楽しんでもらいたい!
  • 日本をお茶で元気にしたい!
  • お茶農家さんを盛り上げたい!

社員一人一人が、本気で日本のお茶を変えようとしている。その志の高さと、それぞれのミッションに必死に取り組む姿に心打たれました。

コロナ禍のオンラインのコミュニケーションから、少しずつリアルなコミュニケーションの世の中へと、徐々に変化しつつある今日この頃。

「人と人を紡ぐ間には、いつも必ずお茶がある」

そんな伊藤園スタッフの方の言葉に胸を打たれ、これまでもっぱらコーヒー派でしたが、この日からすっかり緑茶を楽しんでいる私です(笑)。

■もっと知りたい■

杉崎夕子

メイクアップ・ビューティープロデュース・ウェルネスビューティーアドバイザー。
自然に身を委ね、マインドフルな生き方を大切にしています。スポーツしながらキレイになるをモットーに情報をお伝えしていきます。
instagram

マイページに保存

\ この記事をみんなに伝えよう /

いまあなたにおすすめ

注目の記事 注目の記事