私がアウトドアスポーツに取り組んだきっかけ(前編)

階段すらキツかった私がトレイルランニング!

公開日:2021.08.10

更新日:2021.08.10

今回はビューティとは少し離れ、ウェルネスとして取り組んでいるアウトドアスポーツについて、始めたきっかけなどを書かせていただこうと思います。「スポーツしながらキレイになる」をテーマに、前編は「トレイルランニング」についてお送りします。

ひょんなきっかけでスタートした【トレイルランニング】

大人になってから取り組んだスポーツといえば、20代前半までの波乗り、30代前半での社交ダンス。それ以外は、スポーツというものからまったく離れていた私でした(笑)。

30代後半に入り、仕事が忙しくなり社交ダンスを引退。ダンスをする方をキレイに魅せるメイクのお手伝いをするようになってから、気づけばまた運動から遠ざかっていました。

そんな2013年の秋。何気なく一冊の雑誌が目に入ったのです。確かスポーツ系の雑誌だったと思います。特集になっていたのは、かつて波乗り時代に同じサーフチームにいた女性でした。

「えええーーー!? 何が起きてこんな特集される人になっちゃったの?!」

かれこれ15年ぶりでしたが、すぐさま彼女に連絡してランチをすることに。彼女は、自身が取り組んでいるスポーツ「トレイルランニング(山の中などの未舗装の道を走る)」が、いかに楽しいかを話してくれました。そして最後に「一緒にやろうよ」と言ったのです。

うわー、ムリムリ、運動なんて今なんにもしてないわ……。

その当時は、駅の階段を登っただけでゼイゼイ息切れしてしまう状態。こんな私が山を走るなんて、ムリだと思ったのです……。

しかし結局、その週末に彼女は家に迎えに来てくれ、道具を購入しに行くことに。ここから私のトレイルランニング人生がスタートしたのです。人生何がきっかけになるかわかりませんね(笑)。

ひょんなきっかけでスタートした【トレイルランニング】

トレイルランニングを通した人生を変える出会い

40代にして新しいスポーツ「トレイルランニング」を始めた私ですが、このスポーツを通してたくさんの出会いがありました。

始めた頃に「まずは30キロ走れる自分になれ」と言ってくれた憧れのトレイルランナーの方がいました。
その言葉を胸にレースにチャレンジし、無事に完走できたときは涙でぐしゃぐしゃ。大泣きしながらフィニッシュしたことを覚えています。

他にもたくさんの素敵な仲間ができました。一緒にレースに出たり、登山やキャンプをしたり。そして時にはいろいろなことを話したり。仲間を思う姿を見て、感動することもあります。スポーツを通して出会う仲間は本当にいいなあと思います。ありがたい。

トレイルランニングを通した人生を変える出会い

山を通して自然の素晴らしさを実感

トレイルランニングを始めてから、本当にたくさんのことを学ばせてもらえました。

周りに登山も楽しんでいる方が多く、登山も始めることができました。テントを担いで、おいしい山ごはんを持って、美しい景色、最高の朝陽(あさひ)。山に魅了されながらの登山は本当に最高です!

そして自然の厳しさ、怖さなども学ばせてもらうことができました。何より「生きている」ことが実感できる! 登山をしているとそんな気持ちになれるんです。これからもできる限り一つでも多く、日本百名山に行ってみたいなあと楽しみがいっぱいです。

山を通して自然の素晴らしさを実感

これからチャレンジすること

コロナ禍でなかなかレースのない中、次は初めての100マイルレースにチャレンジします。

ウルトラトレイル・マウントフジ。通称UTMF。富士山の周辺を168km走る壮大なレースです。2022年4月に大会が開催されれば、エントリー権を持っているため出場したいと思います。

駅の階段すら登れなかった女が、50代にして初めての100マイルチャレンジです(笑)。今の自分を超えて、新しい自分に出会えることが今からとても楽しみです!
 

■もっと知りたい■

杉崎夕子

メイクアップ・ビューティープロデュース・ウェルネスビューティーアドバイザー。
自然に身を委ね、マインドフルな生き方を大切にしています。スポーツしながらキレイになるをモットーに情報をお伝えしていきます。
instagram

マイページに保存

\ この記事をみんなに伝えよう /

いまあなたにおすすめ