更年期からのhappy life(12)

お出かけメイクの機会が減っても、整えておきたい素肌

公開日:2021/08/15

14

更年期からの毎日を素敵に過ごしたいなと思っている五味香です。いつまで続くのこのコロナ禍! オシャレをしてメイクをして、ウキウキ出かける機会がめっきり減ってしまいましたが、55歳の私の素肌は日々闘っています。

お出かけメイクの機会が減っても、整えておきたい素肌
お庭で孫のプール遊びに付き合うときは、日焼け完全防備で

日常のメイクを楽しむ

専業主婦の私。コロナ禍を経て、ますますきちんとメイクをして出かける機会が減ってしまいました。それでも、時間のゆとりができて、鏡の前に座って自分の顔をながめる機会は増えてきたような気がします。

以前「自信を持って鏡の前に。今だから似合うメイクをしたい」という記事に書かせていただきましたが、見過ごすことができないシミ・シワ・たるみに落ち込みながらも、めんどくさがりな私でも、なんとか日常のメイクを楽しんでいます。

今、メイクの情報は、本だけでなくYouTubeなどからでも、簡単に知ることができますね。

少しでも、きれいに見えますように! 少しでも、若く見えますように!

これは、GO!GO!(55歳)の悪あがきなのでしょうか〜〜〜。

日常のメイクを楽しむ

マスクに隠れた肌不調

さて、毎日のマスク生活もすでに慣れてきた今日この頃ですが、最近、ことさら肌が弱くなってきたように感じます。

ただでさえ更年期で、顔がほてって汗が急にドバーっと出てしまうことが増えてきました。それが夏になり、さらに止まることを知らない汗。加えて、不織布マスクの肌ざわりで、頬が赤く荒れてしまいました。

昨夏(2020年)は布のマスクを使用し、あまりトラブルもなく過ごしていたので、健康な素肌のありがたみをつくづく感じました。

肌のかぶれは市販の塗り薬でよくなりましたが、不織布マスクの内側につけて肌を守る、シルク100%のインナーマスクも購入したので、使ってみようと思います。

マスクに隠れた肌不調

また、夏でも肌の保湿をきちんとして、なるべく刺激の少ない化粧品を使っていきたいと、あらためて思いました。

出会えた!優れモノなファンデ

肌が荒れてから、ネットでいろいろと検索。さくらの森が販売している「LINOKLE(リノクル)」というリンクルケアファンデーションを知りました。

出会えた!優れモノなファンデ
素肌になじみ、明るいツヤ感がでる「LINOKLE」

シワを改善して同時に美白ケアもするという、美容成分94%の肌再生美容液ファンデーションです。美容液効果を最大限に引き出すためには、保湿ケアをした後に、直接肌に塗るのが一番効果的なのだそう。

使ってみると、素肌に違和感なくなじむ感じと、素肌が明るくなるツヤ感で私はとても気に入りました。

普段のちょっとした日のメイクでは、このLINOKLEの美容液効果に期待して、コントロールカラーもコンシーラーも使わずに直接肌に塗っています。

そして、こちらは美容本から得た知識ですが……。頬の一番高い頬骨の部分は、パッと見たとき真っ先に目に入る部分。この部分だけは、ファンデーションを重ね塗りするといいそうです。

また、仕上げにプレストパウダーでおさえるときには、その頬の部分にはパウダーを重ねません。そうすると、その部分のツヤ感がアップして肌がきれいに見えるんだとか!

素肌を整えたいと思っている私の気持ちを知って、先日の誕生日に、娘がエスティ ローダーのリップ用美容液をプレゼントしてくれました。さっそく毎晩寝る前に使っています。

出会えた!優れモノなファンデ
エスティ ローダー「ピュア カラー エンヴィ ナイトタイム リップ オイル セラム」

これからの毎日、三日坊主な私でも素肌ケアが続けられますように。

よしっ、きちんとメイクして出かけられるその日まで、まずは素肌を整えておきましょう!

 

■もっと知りたい■

五味香

「the change of life」という、前向きな更年期の捉え方に励まされています。せっかく「人生の転機」を迎えているのなら、これからの人生こそ、楽しくお洒落に過ごしたい。平凡な主婦のありふれた日々ですが、素敵に更年期を過ごす方法を見つけていきたいと思います。
 

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ