酸いも甘いも嚙み分ける占い師・春ちゃんの辛口占い

九星気学で見た2021年 1月のあなたの運勢

公開日:2020/12/25

7

60歳のとき、人に寄り添って生きるために「占いおばさん」になった春ちゃんさん。今回は九星気学から見た2021(令和3)年1月の運勢を占ってくれました。1年の始まりのあなたの運勢はいかに?

九星気学で見た2021年 1月のあなたの運勢

九星気学で見た2021(令和3)年1月の運勢

2021年1月のカレンダー
2021年1月のカレンダー

1月は活動期に入り、心落ちつかずとも一年の計画はしっかりと立てるときです。自分勝手に行動せず、周囲と強調を保ちながらの一年にしたいものです。

<1月6日~2月3日までを1月とします>

1月の運勢は、2021(令和3)年の1年間の運勢と偶然にも一致しています。また、月運には、神・仏・生命のエネルギーの嘉言(人生訓となるよい言葉)が入り、「大吉」「吉」はいい暗示で、「大凶」は破壊・トラブル・困難という注意すべき暗示です。

シクラメンを部屋に飾り新年を迎えます
シクラメンを部屋に飾り新年を迎えます

一白水星人の運勢

1月運勢 光明運
昭和11・20・29・38・47・56年
平成2・11・20・29年

今までのことが良くも悪くも表に出やすいとき。浮かれ気分では足元を取られます。身内と離別する暗示もありますが、ありのままのあなたの凛とした姿で乗り越えることです。

二黒土星人の運勢

1月運勢 困難運
昭和10・19・28・37・46・55年
平成元・10・19・28年

月の本厄となり、真面目なあなたにとって困難なお正月を迎えますが、好きな仕事や土いじりが気分を落ち着けてくれます。好きなことができることに感謝し、好き嫌いせず穏やかに人と接することをおすすめします。

三碧木星人の運勢

1月運勢 準備運・破壊
昭和9・18・27・36・45・54・63年
平成9・18・27年

仕事運に入りコツコツと作り上げた実績を破壊される暗示が出ています。短気な性格を落ち着け、自分を冷静に見直し、周囲との和を心掛けることをおすすめします。

四緑木星人の運勢

1月運勢 発展運・大吉運
昭和8・17・26・35・44・53・62年
平成8・17・26年

開運時に心揺れ動くときですが、なんと月運の大吉と生命のエネルギーが、重なって入り、
優柔不断を惜しむことなく十分に発揮できるチャンス到来です。

氏神様への初詣は、たくさんの人が訪れ賑わいます
氏神様への初詣は、たくさんの人が訪れ賑わいます

五黄土星人の運勢

1月の運勢 繁栄運
昭和7・16・25・34・43・52・61年
平成7・16・25年

物事が順調にまとまり、独走する性格を人と調和することで、まとまる運勢を逃さず、
お見合い、恋愛と花咲く可能性がありますが、それはあなたの行動次第です。またとないチャンスです。

六白金星人の運勢

1月の運勢 静運
昭和6・15・24・33・42・51・60年
平成6・15・24年 
令和3年

活動的なあなたは中心人物を目指し行動しがちですが、周りに囲まれ八方ふさがりで、身動きが出来なくなる場合があります。ここは孤立を防ぐため、静かに和に徹することをおすすめします。

七赤金星人の運勢

1月の運勢 隆盛運・トラブル困難
昭和14・23・32・41・50・59年
平成5・14・23年
令和2年

八方美人な性格を発揮し、活動しやすい時期ですが、トラブルや困難で活動しにくくなる暗示が出ています。慎重に行動を慎み、周囲との調和を保つことをおすすめします。

八白土星人の運勢

1月の運勢 満悦運・大吉
昭和13・22・31・40・49・58年
平成4・13・22年 
令和元年

真面目で頑固な性格を緩め、1月はお金の出入りが盛んでも、惜しみなく使うことによって、スム-ズな交際に発展し、恋愛結婚運が大吉にて、この運を手にすることを応援します。

九紫火星人の運勢

1月の運勢 変動変革運
昭和12・21・30・39・48・57年
平成3・12・21・30年

華やかさと飽きやすさがあるあなたは、今までに築いたもの流れを変えたくなるときですが、焦らず辛抱強く、現状を見直す姿勢を保つ方が安定感があり、良い結果をもたらされるでしょう。

最後に。
2021年もコロナ禍は収まる目途が立っていません。不安な日々の暮らしの中にも、自分自身で楽しめることを見出していくことが大切だと思います。

私の街はパンジーの町とひな人形で有名
私の街はパンジーの町とひな人形で有名ですので、今は、お正月用の花を求めて花街道がにぎわっています

 

■もっと知りたい■

春ちゃん

高校卒業後、会社で5年働きました。24歳で結婚し今年48年目を迎え、現在は夫、長男と3人家族で住んでいます。子育てとパートをしながら習った易学で、埼玉の「占いおばさん」として、人に寄り添いながら占い活動をしています。床についてからもできるので、エッセイを書くのが趣味。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ