酸いも甘いも嚙み分ける占い師・春ちゃんの辛口占い

九星気学で見る あなたが求める恋人とは

公開日:2020/05/13

2

60歳のとき、人に寄り添って生きるために「占いおばさん」になった春ちゃんさん。今回は九星気学から見た、あなたが求める恋人像についてのお話です。どんな占いになるのでしょう? ワクワクしますね。

春ちゃんの辛口占い
二人仲良く恋人同士

あなたが求める異性のタイプ

今までたくさんの人達と交流する中で、どんな人と心が通じ合い、どんな恋人を求めてきましたか? 振り返って楽しむのもよし、これからを楽しむのもよしです。恋は自分磨きであり、恋をするとどんどんきれいになるものです。どんな高価なお化粧品をするよりも、きれいになるなんて不思議だと思いませんか?

では、あなたはどんな異性の恋人を求めているか、占っていきましょう。
令和2年2月4日~令和3年2月3日までの1年間の占いです。

*旧暦として見るので2月3日生まれまでは、その前年の生まれとして見ます。

満開の桜を眺めて、あなたとの未来を想像
満開の桜を眺めて、あなたとの未来を想像


<一白水星>令和2年 変動変革運
昭和2 11 20 29 38 47 56 平成2 11 20 29

落ち着いた物静かな異性
嫉妬心や猜疑心が強いタイプにひかれるあなた。。自分と正反対の魅力に踊らされるタイプのため、不倫に陥りやすいので冷静に行動するようにしましょう。
 
<二黒土星>令和2年 頂上光明運
昭和元年 10 19 28 37 46 55 平成元 10 19 28

平凡で庶民的な異性
恋愛に対して冒険をしない真面目なタイプにひかれるため、危険性はなく安泰で平凡な幸せが一番だと信じるあまり、真面目人間とみなされることが多いでしょう。

<三碧木星>令和2年 停止困難運
昭和9 18 27 36 45 54 63 平成9 18 27

明朗で積極的な異性
静かな恋では物足りず、恋に対して情熱的な異性を追いかけ、いつも恋して楽しむのが好きなあなた。相手あっての恋愛ですから、冷静さも必要です。

二人で桜の下を歩いた懐かしい日々の思い出
二人で桜の下を歩いた懐かしい日々の思い出


<四緑木星>令和2年 準備運
昭和8   17 26 35  44 53 63 平成8 17 26

ソフトで温和な感じの異性
冒険的な恋に憧れを持ちながらも、才智ある行動の出来るタイプにひかれますので、軽卒な恋愛には発展しないのが特徴です。

<五黄土星>令和2年 改運開始運
昭和7 16 25 34 43 52 61 平成7 16 25

頑固な人や情の深い異性
誰にも愛想がよく、分け隔てなく接することができる明るさのある人がタイプですが、恋の駆け引きは強引なため、自分の思うように進みません。

<六白金星>令和2年 開花繁栄運
昭和6 15 24 33 42 51 60 平成6 15 24

才智に優れ、ハイレベルな異性
自分を持ち、ぶれないタイプが好きなあなた。理想が高いため、なかなか理想の人が見つかりません。理想どおりにうまくいかないのが、恋愛と結婚です。

夢ある新婚生活をスタ-ト
夢ある新婚生活をスタ-ト


<七赤金星>令和2年 静運
昭和5 14 23 32 41 50 59 平成5 14 23

社交的で陽気で華やかな異性心に秘め込んだ愛をふんだんに表し、情熱的になりやすいタイプのあなた。愛情表現豊かな恋愛ですが、八方美人的な恋愛では先に進みません。

<八白土星>令和2年 隆盛運
昭和4 13 22 31 40 49 58 平成4 13 22

堅実で純情な異性
真面目で純情さを求めるあなた。強引な恋愛に振り回されるよりも、自分から愛する方が好きなので、無茶な恋愛になることはないでしょう。

 <九紫火星>令和2年 恋愛金運
昭和3 12 21 30 39 48 57 平成3 12 21 30 

明るく個性豊かな異性
恋をしても嫌な面が見えてくると、熱しやすく冷めやすいタイプのあなた。真面目で仕事熱心な異性の方が、一時的な恋よりではなく、落ち着いた恋愛になり、長続きするでしょう。

好きなあなたにラブレター
好きなあなたにラブレター


いかがでしたか?

好きなタイプの男性とあなたのパートナーのタイプは違いませんか?

だから世の中おもしろいのです。初恋の人と結ばれないからこそ、いつまでも初恋の人との思いを大切にするのです。思い出の人が一人でもいることは、あなたにとって素晴らしい人生の証だと思いませんか?

 

 

春ちゃん

高校卒業後、会社で5年働きました。24歳で結婚し今年48年目を迎え、現在は夫、長男と3人家族で住んでいます。子育てとパートをしながら習った易学で、埼玉の「占いおばさん」として、人に寄り添いながら占い活動をしています。床についてからもできるので、エッセイを書くのが趣味。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ