占い師・春ちゃんのスピリチュアル体験

私が経験したさまざまな不思議体験

公開日:2020/10/29

3

60歳のとき、人に寄り添って生きるために「占いおばさん」になった春ちゃんさん。今までにさまざまな不思議体験を経験してきたそうです。不思議でちょっと怖いお話をご覧ください。

春ちゃんのスピリチュアル体験

写経と写仏

写経と写仏

写経は、「一字一仏」。一字一字書くことによって、仏様と一体になります。写仏は、一筆一筆の線で仏様を描くことによって、仏様と一体になれるというものです。このことは、日々自分に向き合って生きることと、まったく同じだと思っています。

私が30代の頃、夫が東北に単身赴任となり、小学生2人の子どもを抱え、夜の風の音でさえ怖く、3人で肩を寄せ合いながら、必死に生きていました。

このとき、一日一日、自分と家族に向き合って無我夢中に一生懸命に生き抜いた経験が、その後の不思議体験に結び付いたのかもしれません。

私の不思議体験1 募集していない会社に採用されます

直観で履歴書を持参すると採用されます
直観で履歴書を持参すると採用されます

私は「ここの会社で働く」と直観し、履歴書を持参すると、すべて採用されています。

「今、募集をするところでした」とか、「欠員がいることがよくわかりましたね」などと言われ、驚かれます。

神社、お寺巡りが好きなのも、知らず知らずの内に動かされているのだそうです。

「あなたは人にないものを持っているから、人とうまくいかないね」
「私、友達が一人もいないんです」
「あなたは持っているものが人と違うから大変だ」

会社の同僚、友人の輪から自分で身を引いては、一人が好きな理由がわかりました。

私の不思議体験2 結婚できない男性との会話

ある日、私のところに相談に来た、30代のメガネをかけた男性は、一見普通の男性に見えましたが、向かい合った瞬間、女性の生理の生臭い臭いがして、その場から立ち去りたくなりました。

その男性は「結婚したくとも、女性と縁がなくて……」と話し始めましたが、男性の話を聞く前から吐き気をこらえるのに必死でした。

私は「結婚はご縁ですよ」以外何も言えませんでした。

その男性は一度も女性と付き合った経験がないと言っていました。
彼を見た瞬間、凍りつくような冷たさを感じ、思わず身震いしてしましました。

彼の話によると、結婚相談所で5人の女性を紹介されましたが、会ってお茶を飲み始めてから10分ほどでどの女性も帰ってしまい、その後、進展もないまま今に至ってしまったということでした。神社でお祓いをすることをお勧めしました。 

毎朝氏神様に手を合わせていると、観音様や龍神様が表れます
毎朝氏神様に手を合わせていると、観音様や龍神様が表れます

私の不思議体験3 娘の受験での苦しみを感じ取りました

娘の受験日、午前10時30分からの15分間、私の体が冷たくなり震えが止まりませんでした。仕事中、隣のデスクの女性に「どうしたの、風邪で熱があるんじゃない?」と心配され、デスクの目の前の男性は、「真面目に仕事しろ」と言いながら、私の様子に驚いていましたが、娘が車で1時間も離れた受験会場で、今、数学の問題に苦戦しているとは言えませんでした。

15分間が過ぎると、私の体がぽかぽかと暖かくなり始め、安心して仕事に専念できるようになりました。 
娘の話では、数学が始まった15分の間、苦戦して必死だったそうです。その後、娘は見事合格することができました。

苦もあれば楽もある人生に、一生懸命必死に向き合うことが大切だと思っています。

本を読む時間が一番の癒やしの時間
本を読む時間が一番の癒やしの時間

 

春ちゃんさんの記事

 

春ちゃん

高校卒業後、会社で5年働きました。24歳で結婚し今年48年目を迎え、現在は夫、長男と3人家族で住んでいます。子育てとパートをしながら習った易学で、埼玉の「占いおばさん」として、人に寄り添いながら占い活動をしています。床についてからもできるので、エッセイを書くのが趣味。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ