読めそうで読めない! 難読漢字で脳トレ

【難読漢字】読めそうで読めない「彳む」「乍ら」

公開日:2020/07/25

更新日:2020/07/26

4

「彳む」「乍ら」「辷る」「汀」……何と読むかわかりますか? 難読漢字で脳トレにトライ!今回は、画数が少なく簡単なのに意外に読めない漢字をご紹介。どこかで見たことがあるような、ないような!?

彳む

【彳む】“ぎょうにんべん”に見えますが……

最初にご紹介するのはこちら。

「彳む」

彳む

“ぎょうにんべん”の漢字を書きかけているようなこちらの漢字。漢字一文字では、どう読むのでしょうか。

『広辞苑』で調べてみると、

しばらくその場に立っている。立ちどまる。

と書かれています。

同じ読み・意味で「佇む」と書くのですが、これがヒントになりそうですね。

正解は……

「たたずむ」

たたずむ

「彳」は「テキ」とも読み、「進んでは止まる、少しずつ歩く」という意味もあります。

 

 

【乍ら】二つのことが同時に進行する様子です

続いてはこちら。

「乍ら」

乍ら

こちらも『広辞苑』を見てみると、

そのままで後に続くことを示す。そのまま…として。

それ全部があるまま後に続くことを示す。そっくりそのまま。

……といったような意味があるようです。

ちなみに、「乍ら族」というのは

ラジオや音楽をかけながら勉強や仕事をする習慣のある人。

のこと。わかりましたか?

正解は……

「ながら」

ながら

送り仮名が変わり「乍ち」と書くと「たちまち」と読むようですよ。

 

 

【辷る】ツルリと……?

次にご紹介するのはこちら。

「辷る」

辷る

『広辞苑』では主に次のような意味のようです。

物の上をなめらかに移行する。物の間を滞りなく通る。

にじり移る。すわったまますって行く。

ヒントは……、思わず秘密をしゃべってしまうことを「口が辷る」と言います。

正解はこちら!

「すべる」

すべる

一般的には「滑る」を使うことが多いかもしれませんが、同じ意味になります。

 

 

【汀】波が打ち寄せるところ

最後にご紹介するのはこちら。

「汀」

汀

こちらも見慣れない漢字ですが、「波打ちぎわ」のことを意味し、「みぎわ」とも読みます。

わかりましたか?正解は……

「なぎさ」

なぎさ

「渚」と書くことが多いかもしれませんね。

「汀」は音読みでは「てい」。「汀渚」(ていしょ)、「汀線」(ていせん)といった使い方をします。


画数が少なくても意外に読めない漢字4選、いかがでしたか? 最後におまけ。簡単すぎるのに単独だと読めない漢字といえば「々」ではないでしょうか?「々」は漢字?漢字じゃない?以前にご紹介しましたが、忘れてしまった方はぜひ、関連記事で思い出してくださいね。


文=古田綾子 編集=鳥居 史(ハルメクWEB)

 

■もっと知りたい■

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ