毎週シャンシャン♪

シャンシャンの「後ろ姿」は、何を語る?

高氏貴博
2019/11/20 109

2017年6月12日に東京・上野動物園で誕生した、パンダのシャンシャン。公開観覧日から日々撮り続けている、ぱんだうじさんこと高氏貴博さんの、かわいすぎる写真をお届け! 今週のテーマは「哀愁の後ろ姿」です。

【目次】
  1. 白黒の配色デザインがよくわかる後ろ姿
  2. 実は足が短く見えて、損しています

白黒の配色デザインがよくわかる後ろ姿

最初にお見せした写真は、2018年3月、シャンシャン9か月の頃のものです。ふわふわの毛、コロコロしてまん丸い背中はぬいぐるみのようで、あったかそうで、見ているだけで幸せな気分にさせてくれます。

また、前足から背中へと続く黒色は、こんなふうにデザインされているんだなあ、ということもよくわかりますね。おしゃれなボレロを着ているみたいです。

後ろ姿親子シャン
何考えてるのかな~、風を感じているのかな~

上の写真は、お母さんのシンシンがうまい具合にレンズに収まり、シャンシャンとのツーショットを撮ることができました。ダブル後頭部(笑)。後ろから見ると、黒と白の配色が際立って面白く、黒い耳なんて、わざと後から付けたのかと思うほどです。

公開観覧日にパンダが後ろを向いていると、残念がる方がいますが、僕は何よりも後ろ姿が最高だと思っています。その背中に癒やされるし、ときどき人間っぽさ(オジサンっぽさ)を感じて、なんともいえない哀愁があります。

実は足が短く見えて、損しています

今週のテーマに付けた「哀愁」は、そんなシャンシャンの背中を指したわけですが、実はもう一つ、哀愁を感じる部分があります。それは、後ろ足です。

前足の黒色は、前述のように背中までぐるりときれいに回っています。では、後ろ足はどうかというと、足の部分だけ黒い、ですね。でもよく見ると、足の付け根まで黒ではないんです。微妙に黒色が足りない。

後ろ姿歩くシャン
胴体の白色が、後ろ足にも続いているために……

そのため、もともと長くはない足が、さらに短く見えてしまっているのです。ああ、哀しいかな、シャンシャン。でもそんなところが大好きなんですけどね。

歩き回ったり、木に登ったり、バンザイしたり、寝転んだり。足が短く見えるから、シャンシャンの一所懸命さや、かわいらしさが倍になって伝わってくるとも思うんです。

みなさんも、今度は後ろ姿や後ろ足にも注目して、見てみてください。

立ち上がるシャンシャン
立つと余計に足が短く見えちゃう?


<編集部から>
毎週水曜日に、高氏さんのシャンシャンの写真とエピソードを紹介しています。週の真ん中にシャンシャンを見て、元気をもらいましょう!

記事の更新は「ハルメクWEBマガジン」でお知らせします。メルマガの購読はページ下部の登録フォームからお願いします。

上野動物園の公式サイト

高氏さんのこれまでの記事はこちらからどうぞ

 

シャンシャンの写真がいっぱい!
『2020 日めくり 毎日シャンシャン366日カレンダー』
平凡社刊、1980円、B6変型判

高氏貴博さんの写真でつづる、毎日シャンシャン!シャンシャンのかわいくて、おかしくて、時々せつない写真に、めくるたび元気をもらえます。

◆シャンシャン関連記事

 

高氏貴博

毎日、上野動物園のパンダをレポートするブログ「毎日パンダ」が大きな反響を呼び、テレビ、雑誌など多くのメディアで取り上げられる。著書に『毎日パンダ-365日上野動物園に通っているよ日記』(平凡社刊)ほか。さいたま市在住、一児の父。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ