毎週シャンシャン♪

お座りシャンシャン。後ろ姿もかわいいね

公開日:2020/04/22

142

2020年12月末で中国に返還が予定されている、東京・上野動物園のパンダのシャンシャン。公開観覧日から日々撮り続けている、ぱんだうじさんこと高氏貴博さんの、かわいすぎる写真をお届け! 今週のテーマは「パンダ座り」です。

シャンシャン

上手なパンダ座りのコツは?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止のために、上野動物園は2020年2月29日(土)から臨時休園になっています。シャンシャン、シンシン、リーリーと会えない日々が続きます。

今週は、王道の「パンダ座り」のシャンシャン写真をお届けします。

2019年11月撮影
2019年11月撮影
2019年1月撮影
2019年1月撮影

ぬいぐるみのように座っている格好はかわいいですよね。最初の2枚は食事中のシャンシャンです。両前足を自由に使えるように、バランスよくお座りをしています。

1枚目の写真を見ていただくとわかるのですが、シャンシャンは必ず何かに寄りかかって「パンダ座り」をします。動物園も、パンダがラクに寄りかかれるように岩を配置したり、いろいろ工夫をしています。

2枚目の写真は一見平らな地面に座っているようですが、実は傾斜がついていて、少しでも座りやすいようになっているのです。

2018年7月撮影
2018年7月撮影
2019年11月撮影
2019年11月撮影

3枚目の写真はシャンシャンが1歳1か月の頃。大きな木の枝に腰だけでなく、頭も支えてもらって座っていますね。

4枚目の後ろ姿の写真は、2歳5か月の頃。こんなふうに、ほんのちょっとの出っ張りも、シャンシャンにとっては寄りかかりやすい支えになっています。それにしても、シャンシャンの背中、大きくなったなぁ(笑)。
 

ダラダラしてるわけじゃありません、座っています

2019年1月撮影
2019年1月撮影

先ほど地面が傾斜しているという話をしましたが、これ、観覧者の方に向かって下がるように傾斜がついています。だから、いつでもぼくたちは、かわいいパンダ座りのシャンシャンを見ることができるわけです。傾斜していると、お腹をテーブル代わりにして食事もしやすい。でも、シャンシャン、ちょっと寝そべり過ぎですね。かわいいから許す!

2020年1月撮影
2020年1月撮影

もう一枚は、今年の1月に撮った写真です。お部屋の中で、床の突起に寄っかかり、大好きな笹に囲まれて幸せそうです。一つ前の写真からちょうど1年たっていますから、やっぱりシャンシャン、貫禄がついてきたかな。

あれから3か月。きっとシャンシャンは順調に成長していることでしょう。新型コロナ自粛が続きますが、大人も子ども、みんなで元気に明るく乗り越えていきましょう!



<編集部から>
毎週水曜日に、高氏さんのシャンシャンの写真とエピソードを紹介しています。週の真ん中にシャンシャンを見て、元気をもらいましょう!

記事の更新は「ハルメクWEBメールマガジン」でお知らせします。メルマガの購読はページ下部の登録フォームからお願いします。

高氏さんのこれまでの記事はこちらからどうぞ
 

春からシャンシャンと一緒はいかが?

2020日めくり! 毎日シャンシャン366日カレンダー

平凡社刊、1980円、B6変型判

高氏貴博さんの写真でつづる、毎日シャンシャン!シャンシャンのかわいくて、おかしくて、時々せつない写真に、めくるたび元気をもらえます。

高氏貴博

毎日、上野動物園のパンダをレポートするブログ「毎日パンダ」が大きな反響を呼び、テレビ、雑誌など多くのメディアで取り上げられる。著書に『毎日パンダ-365日上野動物園に通っているよ日記』(平凡社刊)ほか。さいたま市在住、一児の父。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ