毎週シャンシャン♪

シャンシャン「よちよち」から「のしのし」へ

公開日:2020/01/22

89
会員限定

2020年12月末で中国に返還が予定されている、東京・上野動物園のパンダのシャンシャン。公開観覧日から日々撮り続けている、ぱんだうじさんこと高氏貴博さんの、かわいすぎる写真をお届け! 今週のテーマは「お散歩」です。

シャンシャン

よちよち歩いていた頃が、かわいい!

今回は、歩くシャンシャンの写真をお届けします。パンダは食べることと寝ることに一日の大半を費やす動物です。その間に、歩いたり遊んだりがある、といった感じでしょうか。

寝ているときは当然ですが、食べているときのパンダは、目をつむっていることが多いんです。目を閉じながらムシャムシャ、ガツガツ……。味わっているかのように。

逆に、歩いているパンダは、当たり前ですが、目をパチッと開けています。瞳がキラキラしていることが多くて、見ている方もうれしくなります。そんなシャンシャンを、赤ちゃんの頃からさかのぼって見ていきましょう。

ほわほわした、ほんのりピンク色の毛のシャンシャン。2018年1月撮影
ほわほわした、ほんのりピンク色の毛のシャンシャン。2018年1月撮影

これはシャンシャンが7か月のとき、公開観覧が始まって1か月たった頃です。体全体がピンク色をしていて、かわいいですね。ピンク色なのは、お母さんがなめるからという説があって、「母親の愛情の証」なんていわれることもあります。

よろよろ、よちよち、ゆっくりお母さんのシンシンの後をついて歩く姿は、ずっと見守っていたくなるようでした。

...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

高氏貴博

毎日、上野動物園のパンダをレポートするブログ「毎日パンダ」が大きな反響を呼び、テレビ、雑誌など多くのメディアで取り上げられる。著書に『毎日パンダ-365日上野動物園に通っているよ日記』(平凡社刊)ほか。さいたま市在住、一児の父。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ