簡単!楽しい!50代からのお手軽投資生活#4

ネット証券の口座開設にチャレンジ!【体験レポート】

公開日:2023.10.30

更新日:2023.12.19

50代ライターが、優待株投資を始めるためにいよいよネット証券で口座を開設することに。スマホから手軽に申し込みできますが、口座の種類など選択に迷うところも。何を選択すればよいか専門家にナビしてもらいながら、開設までの流れをお見せします。

教えてくれたのは……五十嵐修平(いがらし・しゅうへい)さん

教えてくれたのは……五十嵐修平(いがらし・しゅうへい)さん

IFA法人バリューアドバイザーズ代表取締役社長。2013年に資産運用コンサルティングを専門とする会社を設立。海外視察の際に欧米の手法に感銘を受け、独自のコンサルティング手法を考案。IFA(独立系ファイナンシャ ルアドバイザー)として、お客様目線で価値ある提案を常に心掛けている。著書に『55歳からでも失敗しない投資のルール』(クロスメディア・パブリッシング刊)。

人生初、ネット証券の口座を開設!

前回の取材では五十嵐さんから証券会社の種類や投資初心者におすすめの証券会社を教えてもらいました。その結果、筆者は低コストで手軽に始められるネット証券の「楽天証券」で口座を開設することに。

口座開設にあたって、まず必要な書類や大まかな流れは次の通りです

個人番号カードなど必要書類を準備

個人番号カードなど必要書類を準備

証券口座を開設する場合には、個人番号(マイナンバー)と本人確認書類が必要です。個人番号カード(マイナンバーカード)は本人確認書類を兼ね備えているので、これがあれば1枚で済みます。ちなみに印鑑は必要なし!

必要書類をあらかじめ準備しておけばスムーズに手続きができますよ。

〔事前に用意する必要書類〕
個人番号カード(マイナンバーカード)

〔個人番号カードを持っていない場合の必要書類〕
個人番号カードがない人は次の1と2を用意します。

1.マイナンバーが確認できる書類
・通知カード※
・住民票の写し(6か月以内に発行されたもので、マイナンバーがあるもの)

2. 本人確認書類
以下のうち、顔写真のあるものは1種類、顔写真のないものは2種類必要

・運転免許証
・健康保険証
・住民票
・印鑑登録証明書
・住民基本台帳カード

※1のマイナンバーの通知カードをもっていない、あるいは通知カードの「住所氏名」が現状と一致しない場合は、郵送での本人確認書類の提出が必要となり、審査完了まで2週間程度かかる場合もあります。

ネット証券の口座開設ステップ

ネット証券の口座開設ステップ

証券会社により多少の違いはありますが、口座開設のステップはおおむね以下の通りです。
...

このコンテンツは、ハルメク365本会員の方のみご視聴ができます

365本会員に登録すれば
記事・講座動画が見放題!

ハルメク365編集部

女性誌No.1「ハルメク」の公式サイト。50代からの女性の毎日を応援する「観る・聴く・学ぶ・つながる」体験型コンテンツをお届けします。
会員登録をすれば、会員限定動画を始めさまざまな特典が楽しめます!

マイページに保存

\ この記事をみんなに伝えよう /

いまあなたにおすすめ