夫婦キャンピングカーの旅!埼玉の秘境へ

長期連休は近場の穴場的スポットへ

蒲池 香寿代
2019/05/30 11

キャンピングカーに乗り、夫婦で旅する蒲池さん。今回はゴールデンウィーク編。渋滞を避けるために、一般道で100キロ圏内。しかも海ではなく山、そして埼玉県方面で温泉のある道の駅をキーワードに検索をしたそう。条件に当てはまった行き先は……?

三峰神社正参道
【目次】
  1. 埼玉の秘境の地への入り口大滝温泉へ
  2. 秩父三社の一つ三峰神社へ
  3. 高さ80mの石灰岩の中を探索

埼玉の秘境の地への入り口大滝温泉へ

連休初日はまずまずのお天気。一般道から見える高速道路は早くも渋滞しています。夫の選択は正しかったようで、特にストレスなく進み、4時間ほどで目的地に到着です。

景色
停車位置の窓から

車は見晴らしのいい場所に駐車して、しばらくは辺りを散策です。翌日トリミング予定が入っていたトイプードルのモカはお留守番です。いたらどんなに喜んだことでしょう。駅構内のお店で珍しいスギノハとブルーベリーのお茶を購入しました。

夕方から少し肌寒くなってきたので、道の駅・大滝温泉の「遊湯館」へ。道の駅の入浴料は400円ぐらいでリーズナブルなイメージでしたが、ここは700円と少々高めです。関東で1、2を誇る高濃度の名湯だからでしょうか。

ヒノキ風呂でナトリウム・炭酸水素・メタホウ酸のイオン成分が日本の平均以上に含まれている美肌のお湯に心ゆくまでつかりました。そして地階に降りて、岩風呂へも。対岸には新緑の自然木が茂る山並みと荒川の清流が見渡せます。しばし現実から離れての解放感にうっとりしていると、いつしか心身ともにリセットされています。

車の周辺は真っ暗な闇に包まれてしまったので、午後10時前には横になりました。

翌朝、車の前方には急峻な山が広がっていて、川のせせらぎが耳に心地よく響いてきます。大自然の景観を独り占めしているような、得をした気分です。窓を開けて新鮮な空気を取り込むと何でもない朝食がおいしくいただけます。

朝食
キャンピングカーで朝食

川辺の散歩は「熊が出没注意!」の張り紙で、お預けになってしまったのが残念です。

秩父三社の一つ三峰神社へ

三峰神社
三峰神社正参道前

 8時ちょっと過ぎには道の駅を出発したのですが、到着すると駐車場はほぼ満杯で、ギリギリ入れました。ここには樹齢800年と推定される御神木があり、パワースポットになっています。

通常の鳥居は柱が二本ですが、こちらは大・小の鳥居が一緒になった非常に珍しい形で、三ツ柱鳥居と呼ばれています。境内は広く、芝桜のピンクが鮮やかで満開でした。展望台とヤマトタケルの像を一周して、石龍山橋立の方面へ向かいます。

高さ80mの石灰岩の中を探索

橋立鍾乳洞
橋立鍾乳洞

 こんな場所に鍾乳洞? と入ることにしました。入場料はわずか200円、全く期待していませんでしたが……。中は自然の迫力そのもので、人ひとりがやっと通れるほどの隙間を中腰で、尖った岩で頭をぶつけないように200mほど登っていきます。

鍾乳洞内
鍾乳洞内

急な傾斜には梯子が掛けられていて、滑り落ちないようにハラハラドキドキものでした。ほとんど手が加えられていませんので、出口までの道のりは大変でしたが、浸食という自然の力に圧倒されました。予想以上の体験に、二人とも大満足です。 

今宮神社の鳥居
今宮神社の鳥居
今宮神社
今宮神社内

最後に周囲が8mの御神木が祀られている今宮神社を訪れました。傍には武甲山の伏流水が湧き出る秩父最古の泉の龍神池があります。こちらでは人が関わる縁の願い事がスピーディーに叶うそうです。

竜神池
竜神池

 探せば見どころのある場所は結構あるものですね。また近場ですてきなスポットが紹介できればと思います。

蒲池 香寿代

東京都 /58歳
東京都 /58歳

大分県生まれ。小学校の時に恩師の先生との日記を機に何かしら記録することが習慣になっていました。結婚後は家計簿日記と運動不足解消の体操が日課になっています。元気なうちに念願のキャンピングカーで日本全国を横断するのが夢です。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ