いきなり始まった私の介護に関わる人生(22)

ヘルパーさんに感謝!デイサービスでの母に驚く

公開日:2022.12.26

更新日:2022.12.26

アルツハイマー認知症と診断された母。母にケアマネージャーさんがつき、介護サービスを始めることに。母には初めての介護サービス。サービスの内容やデイサービス時の朝の準備、デイサービス先での母の様子などなど。今回はそのお話です。

ヘルパーさんに感謝!デイサービスでの母に驚く
認知症の母、初のデイサービス

人生初の介護サービス

ケアマネージャーさんの提案は、週2日9:00~17:00までのデイサービス。デイサービスの無い2日間は、30分のヘルパーさん介入、というものでした。

そこに私の希望、デイサービスに行く前の30分間、ヘルパーさんの介入を付け足してもらいました。

母はその時点で要介護1の認定。要介護によって、介護保険で利用できる範囲が決まっています。なので母が利用できる範囲がこれで目一杯。私にはこれだけでも十分なサービスでした。

丸一日、家以外のところで過ごすことを母は受け入れられるだろうか。他の利用者さんと上手に付き合っていけるだろうか。心配でたまらないスタートです。

予想していたことが…

デイサービス先が自宅から車で5分なので、お迎えは8:50。

それまでに食事、身支度、バイタル計測、服薬、持ち物準備をすませないとなりません。そのためにヘルパーさんに介入していただく30分間はバタバタです。

本来、私が朝行って見守りをすれば良いのですが、なぜあえてヘルパーさん介入を頼んだのか。

「あなたが来てるのに、出かけるなんてできないわ」と母の性格上、言い出すと予想したためです。なので、せめてヘルパーさんの負担を少しでも減らしたく、介入10分前には母に電話をし、起きているかの確認をしました。

電話をかけ、すでに起きているときは「今日は行く日でしょ? 準備できてるわ」と言います。

しかしそんなことは本当にまれで、母はほぼ寝ています。そのときは必ず「今日は行きたくないわ」「ちょっと調子が悪いから行きたくない」「行かなくていいやと思って寝てたの」。

こうなると、ヘルパーさんは説得から始まるので大変です。

予想していたことが…
デイサービスを嫌がる

母の愚痴が増えるが…

「せっかく来てくれたなら、行こうかしら」

結局はヘルパーさんにうながされ、デイサービスは休むこともなく通うことができました。

デイサービス先では、率先してお料理の手伝いをしたり散歩に行ったりと、楽しく過ごしているようでした。ですが、私が実家に顔を出すときは必ずと言ってよいほど、デイサービス先の愚痴や不満を言うようになりました。

「私ばかりお料理の手伝いをさせられる」「あんな所に行っても楽しくない」「みんなポケ~とテレビ観てるだけ」などなど。

でも実際デイサービスの様子の写真を見ると、何人かの人たちと楽しそうに笑顔で料理をしていたり、みんなで散歩に行ったり外食したり(コロナ禍前の話)、それはそれは楽しそう(笑)。

母には合っていたデイサービスだったようでした。

母の愚痴が増えるが…
本当は楽しいデイサービス

 ■もっと知りたい■

あさくら さとみ

生前の父の介護を3年前に携わり、母のアルツハイマー認知症の介護に7年。介護のことを何も知らない状態から始まりました。2年前には兄が急死し不安な状況での介護。介護する側の気持ちや、認知症というものの現実などお話しできたらと思います。

マイページに保存

\ この記事をみんなに伝えよう /

いまあなたにおすすめ