フランクフルト、ニュルンベルク、ローテンブルクへ

格安ツアーで行く、ドイツのクリスマスマーケット巡り

公開日:2021/07/10

14

2015年の12月、ドイツ3都市(フランクフルト、ニュルンベルク、ローテンブルク)のクリスマスマーケットを巡る旅へ出かけました。ツアーの費用は、3泊5日で計98000円と格安。でも楽しい思い出をたくさん作ることができ、大満足の旅でした。

格安ツアーで行く、ドイツのクリスマスマーケット巡り
ニュルンベルクのクリスマスマーケット

ドイツのクリスマスマーケットを巡る旅

2015年、この年は夏にプラハを訪れ、冬にお隣ドイツへと2度目の海外旅行でした。今回のドイツは、格安ツーリスト会社の旅行代金が、このクリスマス前後の時期としてはあまりに格安だったことと、行動的で英会話が得意な後輩Hさんが一緒ならと行くことにしました。ツアーの費用は、3泊5日で計98000円(空港使用料別)でした。

空港で検査官に呼び止められる

2015年12月中旬、中部空港を出発し、夕方フランクフルトに到着。さあ空港を出ようとしたとき、出口で検査官が手招きし呼んでいます。検査官に呼び止められることなど、今まで一度も無かったのでドキッとしました。

「私ですか?」と言うと彼はその後ろを指さしました。そこには同行のHさん。検査官に呼ばれ、旅行ケースを開けて見せています。遠巻きに見ていたら、ケースの中からはたくさんの箱が出てきて、彼は一つずつ開けますが、中は全部カラの空振り検査結果でした。

彼はHさんに「何でこんなにたくさんの箱を?」と聞いたそうで、「帰りにお土産を詰めて帰るんだ」と答えた彼女。英会話が達者な彼女は、こんな場面でも逆に彼の身上についてあれこれ聞いていたからあきれてしまいます。

何とかホテルに着きましたが、なるほど言わずもがなの格安ツアーのホテルです。夜はバスに乗り、フランクフルトのクリスマスマーケットに出かけてみました。雪まじりの夜ではありますが、たくさんの人出です。翌日はニュルンベルクとローテンブルクを回るため、そこそこにして、明日の観光バスが出る場所を確認しホテルに帰ります。

空港で検査官に呼び止められる
フランクフルトのクリスマスマーケット
空港で検査官に呼び止められる
屋台のカラマリフリットと温かいワイン

翌朝観光バスに乗り、一路世界一美しいニュルンベルクのクリスマスマーケットへ。この時のツアーガイドは、東京に本社を置くミキツーリストの現地ガイドさん。格安旅行にしては、すばらしいガイドさんでした。欧州各国にオフィスがあり、個人やグループの旅行をサポートしている旅行会社です。

このガイドさんのお話の内容が専門的ながら、非常に分かりやすくすばらしい! 格安旅行であることを帳消しにするほどでした(何度も格安を連発してしまいますが)。

空港で検査官に呼び止められる
ニュルンベルクの直火焼きソーセージ

高速道路アウトバーンの工事が早かった理由や歴史。メルセデスベンツの歴史。ちなみに「メルセデス」とは、ベンツ創業者の娘さんの名前だそうです。ロマンチック街道の名前の由来などなど、長いバス旅が気にならないほど興味深いお話の内容でした。ガイドさんはドイツ在住の日本男性で、奥さまはドイツ人だと言ってました。

ニュルンベルクの後は、少し方向の違うローテンブルクに向かい散策。夕暮れ近い町は、おもちゃの町のようにかわいくうっとりしました。

空港で検査官に呼び止められる
ローテンブルクの有名な撮影スポット。世界の町のカレンダーによく出る場所
空港で検査官に呼び止められる
ローテンブルクにあるテディベア専門店

あの空箱が非常に役立った

夜遅くフランクフルト駅に帰ってきたため、駅構内で夕食に魚の酢漬けを挟んだサンドイッチをテイクアウトしホテルに帰りました。

翌日は、最後の貴重な一日。フランクフルト市内巡りに、ショッピングにと出かけました。いろいろお買い物をしたら、クリスマスオーナメントなど壊れ物が多く、結局あのHさんの空箱が非常に役立った楽しい旅でした。

あの空箱が非常に役立った
クリスマスマーケットで買ったリース

■もっと知りたい■

くろ豆

趣味は旅行、野菜作り、短歌作りetc.バンコクの魅力にとり付かれ数年おきに行っては美味しいものを食べたり、ショッピング、エステなど楽しんでいます。旅先で見たり感じたりしたことをノートに書き留め短歌作りにも役立てています。ペンネームは私の愛犬であり心強い相棒であるミニチュアシュナウザーの名前からです。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ