落語自由自在42

出前寄席鈴々舎馬るこ独演会~糖質制限初天神~

公開日:2021/03/17

3

千葉県市原市夢ホールで開催された「出前寄席鈴々舎馬るこ独演会」が、無観客オンライン配信されました。題して「出前寄席・鈴々舎馬るこ(れいれいしゃまるこ)独演会」。無料配信で楽しみました。

出前寄席鈴々舎馬るこ独演会~糖質制限初天神~
PIXTA

ついに落語にまで糖質制限

馬るこ師匠の「糖質制限初天神」
PIXTA

私は「糖質オフ生活奮闘記」をハルメクWEBで書いているので、馬るこ師匠の「糖質制限初天神」という演目を見て、「落語にも糖質制限が登場か!」と興味が湧きました。

まずは古典落語の「初天神」のご紹介したいと思います。

男が天神様にお参りに行こうとすると、金坊(子ども)も連れて行ってと女房に頼まれます。いろいろ買ってくれとねだるので、金坊は連れていかないと、男が言うと、「買ってくれと言わないから連れてって」と、今度は金坊がせがみます。

仕方なく男は金坊と一緒に出掛けると、案の定、「買ってくれと言わなかったから、ご褒美に何か買ってくれ!」と、金坊が言い始めます。水菓子屋に飴屋にだんご屋と、行く先々で、親子のひと悶着が起こります。これが本来の「初天神」ですが……。

馬るこ師匠の「糖質制限初天神」

馬るこ師匠の「糖質制限初天神」
PIXTA

「初めて落語を観る人でも大爆笑」をモットーに、古典落語をわかりやすく、面白く演じる馬るこさんならではの落語です。

馬るこ師匠自身、入門した頃は、体重70kg代でしたが、馬風師匠がすすめ上手で「言われるままに食べているうちに35kgも増えてしまいました」と言って、いきなり笑わせます。

そしてこの噺(はなし)に登場するお父さんは、ただいま糖質制限ダイエット中なのです。 娘の中学入学祈願に天神様に行くと女房に話すと、娘を連れて行けと頼まれます。このあたりは本来の「初天神」と一緒ですが、実は娘は見張り役なのです。

買い食い防止のため財布は女房が没収、300円だけ持たされます。まずはお参りをして、娘と2人分のお賽銭200円を払ってしまいます。何も買わないからと言いながらも、居並ぶお店に目がいき、ついにだんご屋を見つけ「だんごが食べた~い」と叫んでしまいます。

すると、何事かと人々が集まってきます。みっともないので、だんご1本ならいいかと娘に許可を得、店主に頼みますが「1本150円です」に驚きます。「今年から150円に値上がりしました」と言うだんご屋に、そこは大人、知恵を絞ります。

初めて落語を観るなら馬るこ師匠

本来の「初天神」は、金坊が通行人に向かって「おだんごを買ってくださ~い」と叫ぶのですが、糖質制限に耐えかねて、父が叫んでしまうという発想は、何とも斬新です。初めて落語を観るなら、やはり馬るこ師匠がいいかも知れません。ただし、これが本来の古典落語だとは、決して思わないでください(笑)。

 

 

■もっと知りたい■

さいとうひろこ

趣味は落語鑑賞・気功・テレビ体操・読書・トールペイント・美術館めぐり等。健康は食事からがモットーで「AGEフード・コーディネーター」の資格を取得、老化や病気の原因となるAGEを溜めない食事の仕方や調理の仕方をご紹介します。また、これから落語を楽しみたい方のためにその魅力もご案内します。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ