姿勢や動作の矯正に動画撮影が効く?

自分が泳ぐ姿をビデオで確認してみました!

公開日:2021/03/04

11

水泳上達のために、自分の泳ぎを動画撮影してフォームチエック会を開催しました。日常生活の悪癖や姿勢矯正にも写真や動画を見るのは有効かもしれません。

自分が泳ぐ姿をビデオで確認してみました!

鏡が教えてくれる自分の姿勢にガッカリ

鏡が教えてくれる自分の姿勢にガッカリ
僕の背中を悪癖だなんてひどいニャ~~

私は若い頃から猫背で姿勢が悪く、よく親から注意されていました。この年齢になると、猫背になっていても「年相応」とみなされて、注意をしてくれる人もいなくなり、ときどきショーウインドウや窓ガラスに写った丸まった自分の背中を見てぞっとして、思わず姿勢を正すことがよくあります。

もし、家じゅうに鏡が張り巡らされていたら、もっといろいろな場面で姿勢を正すことができるかもしれないなあ~などと思います。

水泳教室でビデオ撮影会、自分の泳ぐ姿を見た生徒さんの反応は!?

水泳教室でビデオ撮影会、自分の泳ぐ姿を見た生徒さんの反応は!?
撮影した動画を自分で見て、動きを確認して修正します

​先日、水泳教室で生徒さんの泳ぎをビデオで撮影して、その動画を見ながら修正すべき点をアドバイスしました。

初めて自分の泳ぎを見た人は
「ええっ!? これが私の泳ぎなの? もっと大きく肩を回しているつもりだったのに……」
「コーチからいつも注意されていることが、なるほどやっぱりそうなのかと納得できました! いえ、コーチを信じていないわけじゃないんですけど汗」
などと、自分のイメージと実際の自分の動きの差に驚かれる人が続出でした。

中には「ええっ!? これ私なの? こんなにお腹が出ているなんて!」と、フォームより体形にショックを受けている人もいましたが……。

実際の自分の動きを目で確認できると、自分のイメージとの誤差を客観的に把握できるので、修正がしやすくなります。直した(はずの)泳ぎをもう一度動画で見ると「ちょっとやり過ぎたかな」とか「まだまだ修正できていないんだな」といったことが確認できて、フォーム矯正の効率が上がります。

修正動作をうまく伝えるのがコーチの役目ではあるのですが、どんなに上手に説明するよりも、実際に見るのは効果てきめんのようです。

悪癖退治に写真と動画を

スポーツに限らず、日常の悪癖を直すには、自分自身を客観的に見る機会があることが大事だなあと痛感した出来事があります。

最近、夫が肘をついてご飯を食べるようになり、再三注意しても直さなかったのですが、たまたまお正月に娘息子夫妻と食事したときのスナップに、夫の食事姿勢が写っていて、それを見て本人も「年より臭いな」と、がっかりしたようで、それ以後は気にして姿勢を直そうとしています。

家族の気になる悪癖(酒癖?寝姿勢?などなど)を直してもらいたいときは、その姿を写真や動画で撮影しておいて、本人に見せるのが効果的かもしれませんよ!

 

■もっと知りたい■

たちよみ

趣味も仕事も水泳、年齢別水泳大会に出場する還暦スイマーです。「100歳まで泳げる体と環境」を目指し、水泳の技術向上とトレーニングはもちろん、体力、筋力、コミュ力、財力など、加齢にあらがう日々をお伝えします。モットーは「楽しく、愉快に!」。

 

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ