糖質オフ生活奮闘記27

カカオ豆からチョコレートを作りました

公開日:2021/03/01

6

夫の血圧を下げるために始めた糖質制限ですが、バレンタインデーにはチョコレートを食べたいものです。市販のものは甘過ぎるので、カカオ豆からチョコレートを作ってみようと思いました。

カカオ豆からチョコレート

チョコレート作りのために用意する物

カカオ豆キット

  • フライパン
  • すりこぎ・すり鉢
  • スプーン
  • 砂糖30g(糖質制限のため、ラカントSを15gにしました)

 

カカオ豆を洗う

カカオ豆を洗う

  • ボールの中にカカオ豆を入れ、ゴシゴシと洗う。水が汚れてきたら変えて、何度も洗う。5分くらい洗って、水がにごらなくなるまで続ける。この時点ですでにもう、大変さが垣間見えました。
  • 洗った豆の水分をペーパータオル等でしっかり拭き取る。

カカオ豆をフライパンで焙煎

カカオ豆をフライパンで焙煎

  • 弱火にかけながら、へらなどでこげないように豆を焙煎します。10~20分焙煎するとパチパチ弾ける音がします。     
  • さらに焙煎を続け、火を止める。
  • 冷まして豆を半分に割る。パリっと割れたら焙煎の出来上がり。グニャッとしたら、パリっと割れるまで何度も火にかけて焙煎し続けます。私の場合、30分かかり、腕が痛くなりました。
  • カカオ豆をお皿に移し、冷めるまで待つ。

カカオ豆の皮をむきます

カカオ豆のうすい皮を一つずつ手でむいていきます。豆が割れても、後で細かくするので大丈夫です。この作業で、指先が痛くなり、大変でした。

カカオ豆を砕きます

カカオ豆を砕きます

すり鉢の中に皮をむいたカカオ豆を入れ、すりこぎでつぶして細かくします。細かくなったらかき混ぜます。レシピには、大変な作業だけど、ここがふんばりどころ! おいしいチョコレートを作るためにがんばりましょうと書かれていました。本当に大変でした。肩も腕も指までも、全部痛くなりました。

湯煎します

湯煎します

 

  • お鍋にすり鉢の高さの半分くらいまで水を入れ、沸かします。
  • その中にすり鉢を入れ、すりこ木でかき混ぜ続けます。チョコレートが解けたような状態になります。なめらかになったら、ラカントS15gを少しずつ入れます。混ぜ続けると、固まってくるので、また湯煎しながら混ぜます。

練り上げます

サラサラになっても、さらに混ぜ続けると、ツヤがでてきます。あと一息、最後の力を振り絞って、練り上げましょうと、レシピに書かれていました。私にとっては重労働でした。

型に入れて冷やします

型に入れて冷やします

スプーンで型に入れます。水平にして冷蔵庫で2~3時間冷やし固めます。チョコレートが固まったら、型から出して完成です。

チョコレートが固まったら、型から出して完成です

チョコレートとは、こんなに手間のかかるものだと初めて知りました。でも、おいしかったので満足です 。

 

■もっと知りたい■

さいとうひろこ

趣味は落語鑑賞・気功・テレビ体操・読書・トールペイント・美術館めぐり等。健康は食事からがモットーで「AGEフード・コーディネーター」の資格を取得、老化や病気の原因となるAGEを溜めない食事の仕方や調理の仕方をご紹介します。また、これから落語を楽しみたい方のためにその魅力もご案内します。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ