酸いも甘いも嚙み分ける占い師・春ちゃんの辛口占い

九星気学で見た2021年2月のあなたの運勢

公開日:2021/01/25

5

60歳のとき、人に寄り添って生きるために「占いおばさん」になった春ちゃんさん。今回は九星気学から見た2021(令和3)年2月の運勢を占ってくれました。あなたの運勢はいかに?

九星気学で見た2021年2月のあなたの運勢

九星気学で見た2021(令和3)年2月の運勢

節分をすませると、いよいよ令和3年に入ります。今年も、コロナ禍は続き、厳しい年になりそうですが、2月を迎えるにあたって、強勢となりますが、自分を見失わない姿勢が大切です。

2021年2月のカレンダ-
2021年2月のカレンダ-

<2月6日~3月5日までを2月とします>

月の運勢には、神・仏、生命のエネルギ-の喜言(人生訓となる言葉)が入り、「大吉 吉」の良い暗示です。大凶は破壊・トラブル困難と、注意すべき暗示です。

寒い冬、焚火の炎を囲んで幻想の世界
寒い冬、焚火の炎を囲んで幻想の世界

一白水星人の運勢

2月運勢 困難運 大吉 生命のエネルギー
昭和11・20・29・38・47・56年
平成2・11・20・29年

今月は大吉、生命の強いエネルギ-が入っていますので、良い交際相手や子どもに恵まれたり、部下との関係も良好と喜ばしいこともありそうですが、困難時ですから、慎重な行動が大切です。

二黒土星人の運勢

2月運勢 準備運 破壊
昭和10・19・28・37・46・55年
平成元・10・19・28年

仕事に全力投球して来た分、今月は破壊され、思ったより成果が出ずにやけを起こしそうです。家庭内に持ち込むと家庭も仕事もうまく行きません。焦らず辛抱の月になりそうです。

三碧木星人の運勢

2月運勢 発展開始運
昭和9・18・27・36・45・54・63年
平成9・18・27年

今まで準備してきたことを開始するときです。あれもこれもとよくばらず、一つ一つよく吟味しながら進めることを念頭に、神経過敏にならぬよう落ち着いた態度で臨みましょう。

四緑木星人の運勢

2月運勢 開花繁栄運 
昭和8・17・26・35・44・53・62年
平成8・17・26年

良縁に恵まれたり、仕事に意欲を持ち積極的に取り組むことをお勧めします。優柔不断な性格が災いして、せっかくのチャンスを逃すことがあります。また、周囲との調和も大切にしましょう。

五黄土星人の運勢

2月の運勢 強勢運 八方ふさがり
昭和7・16・25・34・43・52・61年
平成7・16・25年

傲慢なふるまい方をすると、八方にふさがれストレスがたまります。心臓・腎臓・肝臓・膵臓・肺臓の五蔵に注意。2月中は静運とし、独走を避け周囲に気配りしながらの調和が大切です。

六白金星人の運勢

2月の運勢 活動隆盛運
昭和6・15・24・33・42・51・60年
平成6・15・24年 
令和3年

息き苦しかった1月から抜け出し、開放感に活発に動きだしたくなりますが、ここは慎重に周囲との調和を考慮しながらの活動により、良い成果を実らせるときです。

七赤金星人の運勢

2月の運勢 満悦運 大吉
昭和14・23・32・41・50・59年
平成5・14・23年
令和2年

異性交際発展時。浪費や失言もありと忙しい中にも、交際異性関係に喜びごとあり、新たな良縁や、交際中の人は、ハッピ-エンドのときです。浮かれず相手を思いやることが大切です。

八白土星人の運勢

2月の運勢 変動変革運
昭和13・22・31・40・49・58年
平成4・13・22年 
令和元年

もともと変化を持ちたがる性格で、転職転居を考えたり、新たなことを考えがちですが、衰え運に向かい変化を求めるのでなく、現状維持で家庭や親族に耳を傾ける慎重さが大切です。

九紫火星人の運勢

2月の運勢 光明運 大吉
昭和12・21・30・39・48・57年
平成3・12・21・30年

良くも悪くも表面化し、華やいだ生活の中、努力が実を結び、大吉にて昇進名誉運の喜びごとがありますが、大切な人との離別の暗示とが重なっていますので、ストレスで神経過敏とならぬよう注意しましょう。


最後に。
「2021年1月のあなたの運勢」と、1月の運勢とを照らし合わせてみてください。

(例)一白水星の場合……交際、子ども運、部下運に喜びごとがありますが、色情因縁に発展すると、身内と別れの暗示が出ており、穏やかではなくなります。地位や金銭面も手放すことにならぬよう慎重さが大切です。

スイセンの花が、あたたかな春の訪れを知らせてくれています
スイセンの花が、あたたかな春の訪れを知らせてくれています

 

■もっと知りたい■

春ちゃん

高校卒業後、会社で5年働きました。24歳で結婚し今年48年目を迎え、現在は夫、長男と3人家族で住んでいます。子育てとパートをしながら習った易学で、埼玉の「占いおばさん」として、人に寄り添いながら占い活動をしています。床についてからもできるので、エッセイを書くのが趣味。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ