ダイヤモンド・プリンセス乗船レポート

プリンセスクルーズ爽秋南洋クルーズの旅(後編)

sachi
2019/11/27 4

8泊9日のクラブツーリズムのプリンセスクルーズに参加した、sachiさん。ダイヤモンド・プリンセスのクルーズ旅行は以前も経験したことがあるそうですが、今回はどんな旅になったのでしょうか。6日目は、石垣島観光から始まります。

【目次】
  1. 11月12日(6日目)石垣島寄港
  2. 10月13日(7日目)終日航海日
  3. 10月14日(8日目)終日航海日
  4. 9日間の船旅を終えて

11月12日(6日目)石垣島寄港

プリンセスクルーズ爽秋南洋クルーズの旅(前編)を読む

台湾でお土産が買えなかったので、買い物に出かけました。ユーグレナモール、公設市場など歩き、間に合わせました。海がとても青い! 

出港時 お見送りいただきました。安里屋ウンタ、島人ぬ宝を皆で歌ったり、小学生等が踊りを披露してくれたりしました。
 
【洋上星空観賞会】
風が強く、灯りを消しての観賞は中止になりました。点灯している状態での実施なので、星を見つけるのは難しかったですが、月はくっきりと輝いていて、印象的でした。
 

ダイヤモンドプリンセスの星空観賞会

10月13日(7日目)終日航海日

デッキで、映画「マンマ・ミーア」を観ました。

プリンセス・ポップ・コーラスの2回目の練習があり、曲目が① さくら ②荒城の月 ③ふるさとに決定しました。

 

はり治療

10月8日に、【はり治療で健康長寿】という講座を聞きに行きました。今回体調に不安を持ちながら、参加していたので、船内で、ハリ治療を受けてよくなるものならと、藁をもすがる気持ちで、お願いしました。

3回目で、少しいいかなって思いましたが、やはり痛みがぶりかえしました。脊柱管狭窄症が完治することはないのでしょうね 

ついでに、船内での歩行について、終日航海日は約8,000歩、下船観光日は、約13,000歩、歩いています。私のキャビンは前方にあり、レストラン等は中央から後方にあるので、1日3回往復し、また講座等を聞きに行くときに、前方、後方を間違えると、往復することになり、いい運動になりました。

【麻や子の歌声喫茶】に行きました。45分前に並び、権利を確保、アコーディオンの伴奏で、昔の「ともしびを」、思い出しました。

【ダイアン吉日さんの落語会】
なんと女性の外国の方で、関西弁ペラペラで、びっくり!
 

10月14日(8日目)終日航海日

【歌ってアンチエイジング】
歌うという作業は身体にいいだけでなく脳内血流を増加させ、脳全体を活性化させる力があるということを力説されていました。

【プリンセス・ポップ・コーラス発表】

プリンセスクルーズ

練習2回、3回目は発表で心配でしたが、綺麗に、ハーモニーが取れていたと思います

アトリュウムに来られた皆様もご一緒に歌ってくださり、最後の曲「ふるさと」の時は指揮をされたクルーズ舞台は正面 出待ちです。

ディレクターの美紀子さんが、涙をぬぐわれていました。いい曲ですよね。


【ジョン・健・ヌッツオ 洋上特別リサイタル】

ジョン・健・ヌッツオ氏

日本を代表するトップテナーでオペラ歌手の、ジョン・健・ヌッツオ氏のリサイタルのためだけに、乗船した方がおられました。しかもラッキーなことに、そんな今回のメインイベントの健さんを、エレベーターホールでお見掛けしました。Tシャツのラフな姿でしたが、友達が「写真いいですか?」とお願いすると「どうぞ」と言ってくださり、ツーショットさせてもらいました。

リサイタルでは、素晴らしいテノールに酔いしれました。この声を聴いただけでも、このクルーズに参加してよかったです。ピアニストの高田絢子さんの伴奏も、すばらしかったです。

写真はリサイタルが始まる前の舞台です。800人収容できるホールです。船の中とは思えませんよね
写真はリサイタルが始まる前の舞台です。800人収容できるホールです。船の中とは思えませんよね

レストランは有料を含めて12か所あり、夕食はレストランの、席が指定されていますが、ホライゾンコート(ビッフェスタイル)では、午前5時から深夜0時まで、休憩の時間を除くと、いつでも食べることができます。その他にも、ピザ、ハンバーガー、アイスクリーム・バーがあり、余程 意思を強く持たないと、ついつい食べ過ぎて、下船時には、体重が10㎏オーバーなどということに、なりかねません。

メインデッシュは、ビフテキ、エスカルゴ、などが、次々と出てきて、どれこれも美味でした。

アッという間の9日間でした。生音楽にどっぷりに浸って、おいしい食事をいただいて、プールやサウナを楽しみ、夢のような、非日常が終わります。

荷物の整理をして、スーツケースを22時までにドアの外へ出さなくては……。

寝て起きたら下船です。レインボーブリッジを渡ると横浜です。
 

9日間の船旅を終えて

脊椎間狭窄症が、はっきりせず旅行への期待感も、いまいちの状態で、当日を迎えましたが、9日間おいしい食事をいただき、部屋に戻ると、ベッドメーキングがされており、生の音楽をたくさん聴けて、自身でも歌うことができ、素晴らしいダンスに酔いしれ、疲れたら、デッキチェアで、読書三昧、下船しては知らなかった土地の観光とアッという間の船旅でした。

  1. 船旅のいい点は、荷物を先に、送っておけるので身軽に船まで行けることです。
  2. 高齢の方は保険に入っておくと安心です。
  3. シャワーのみの部屋だったので、折りたたみのバケツを持参して足湯をしました。寝つきがよくなり、洗濯に使ったりと重宝しました。

     

大浴場は予約が取れず、入れなかったこと、アフタヌーンティの焼きたてのスコーンが美味しかったこと、病気のことを忘れて楽しめたことなど、書きたいことが、まだまだ、いっぱいです。

参加して本当によかったです。また ぜひ参加したいですね。

テレビ東京のクルーが乗っていました。2020年1月に「なないろ日和」で放映されるそうです。

以上
 

sachi

東京都 /82歳
東京都 /82歳

私は人にお誘いを受けると、余程の事がない限り受けてしまいます。それで現在サークル活動、ボランティア活動、趣味の活動という生活です。また気になるとすぐ動くたちで毎日楽しいことないかな、面白いことないかとワクワクしながら暮らしています。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ