上大岡トメの老いを楽しむ!生き方のタネ・10

トメサイズ4:便秘解消&お腹を刺激するエクササイズ

公開日:2021/06/26

更新日:2022/06/16

22

イラストレーター・上大岡トメさんが老化について学び、50歳からを楽しむ生き方のアイデアを紹介する連載企画「老いを楽しむ!生き方のタネ」。1回2分で心と体をケアする「トメサイズ」第4回は、便秘解消&お腹を刺激するエクササイズです。

トメサイズ4:便秘解消&お腹を刺激するエクササイズ
上大岡トメの老いを楽しむ!生き方のタネ・10

便秘も「ぽっこりお腹」の原因に!

ぽっこりお腹は、カラダの内側にも原因があります。その一つが「便秘」。

みなさん、お通じは毎日ありますか? あまりオープンに話す話題ではないかもしれませんね。でも、これ、むっちゃ大事なことなんです!

『老いる自分をゆるしてあげる。』でも書きましたが、50歳前後の日々変化するココロとカラダを支えてあげるには、基本の4つの柱がとても重要です。

基本の4つの柱

4つの柱、それぞれのポイントは、以下の通りです。

  1. 睡眠:6時間〜7時間半確保
  2. 食事:質のいいものを腹八分目
  3. 運動:適度なものを習慣に
  4. 感情:ストレスをためすぎない

そして、体型カバーの面で、これにプラスしたいのが「お通じ」! 

実は私、10代・20代は低血圧・低体温&便秘がちな体質で、お通じは3日に1回が普通だと思っていました。1週間便が出ないのもザラ。

しかし出産を機に、毎日お通じが来るようになりました。

当時も「あぁ、毎日便が出るって快適だなぁ」と思ったのですが、40歳になろうかというとき、さらに人生観を変えるような出来事がありました。

全放出事件で人生観に変化「ぽっこりお腹は余分なもの」

それは、友達とポルトガル料理を食べに行ったときのこと。肉といんげん豆を煮込んだメインディッシュが、おいしくておいしくて! 

いんげん豆が肉のだしを吸ってほくほくで、「豆ってこんなにおいしいんだ!」と、大量摂取したのです。

翌朝、いつものようにお通じが来たと思ったら、出るわ出るわ! わんさか、するすると、まったく苦もなく。

あまりに出てくるので、途中で「腸まで出ちゃうんじゃないだろうか?」とちょっと不安になったほどです。

やっと全放出が終わったとき、便器の前でしばし呆然とたたずみました。見たことのない量だったのです。

そして、思わずココロの中で思いました。「流れるだろうか?」

……流れました。日本のトイレは優秀ですね(笑)。

でも、それ以上に私を感動させたのは、今まで味わったことのないカラダのスッキリ感でした。

いつもの見慣れた家の中がクリアに見えました。

「あれ?さっきまで視界にフィルターかかっていた?」って思うほど。大袈裟じゃないですよ。

「余分なものが落ちると、こんなにスッキリするんだ……!」

人生観が変わるほどの体験でした。15年たっても、あのときの爽快感は、忘れません。

それと同時に「余分なもの」に気が付かず、ずっと一緒に暮らしていたことに、ただただ驚きました。

「お通じ命!」トメさんが考える便秘解消2つのポイント

この全放出事件の後、お腹がぺったんこになったのは、言うまでもありません。

それ以来「お通じ命」! 常に気を付けています。それでも、環境が変わると便秘してしまうので、なかなか繊細なものです。

これは私の個人的な見解なのですが、定期的にお通じが来るようにするには、2つのポイントがあります。

ポイント1:摂取する食べ物で便自体を軟らかくする

繊維が多い食品はたくさんありますが、どれが合うかは、人によってさまざま。私の場合は豆類と水分がどんぴしゃり。

ほぼ毎日、納豆1パックか蒸し大豆を食べています。

赤ワインとオリーブの組み合わせも最強。もちろん、いんげん豆もね!

ポイント2:腸の蠕動運動を助けてあげるエクササイズをする

便を軟らかくするのと同時に、それを押し出す腸の動きを活性化させます。

毎日のエクササイズで腸を刺激しましょう! 

トメサイズ第3回のお腹まわりをひねるエクササイズも、もちろんいいです。

 

トメサイズ4:体側を伸ばして腸を刺激するエクササイズ

今回紹介するのは、体側を伸ばしつつお腹に刺激を与えるエクササイズ。

今回もポイントはもちろん、お腹を凹ませて、骨盤底筋をヒューッと引き上げることですよ!

  1. 吸いながら右手を腰に、左手を引っ張り出すように長く、上に上げる。

    トメサイズ4:体側を伸ばして腸を刺激するエクササイズ

  2. 息を吐きながら、さらに左腕を長く伸ばすように上体を傾けていく。このとき、左肩が前にいかないように。

  3. そのまま、5呼吸キープ。吐く呼吸に合わせてお腹を凹ませ、骨盤底筋をひゅーっと引き上げる。

  4. 吸う呼吸で元に戻る。反対側も。

このエクササイズをしながら、ココロに留めておくべきことがあります。

それは「ぽっこりお腹は余分なもの」ということ!

余分なものを落とすと、カラダもキモチも軽くなる。そしてカラダ本来の力を、引き出してあげられます。

50代に入り、私たちのカラダはもうメンテナンスをしながら、無理なく使ってあげる時期に入っています。

その大切なカラダがまだまだ力を発揮できるように、ぽっこりお腹を早く小さくしてあげましょう!

「体型カバー」についてのお話は今回でおしまいです。次回からは2つ目の柱「体幹を鍛える」トメサイズを紹介します。
 

著者プロフィール:上大岡トメ

上大岡トメ

かみおおおか・とめ 1965(昭和40)年、東京都生まれ。東京理科大学卒。イラストレーター。山口県宇部市在住。著書に『キッパリ! たった5分間で自分を変える方法』『ずさんな家計を整えました。』『子どもがひきこもりになりかけたら』『日本のふくもの図鑑』など多数。最新刊は、コミックエッセイ『老いる自分をゆるしてあげる。』(幻冬舎刊)。

★最新情報は、上大岡トメさんのトメサイズインスタTwitterもチェック!

構成=竹下沙弥香(ハルメクWEB)


■もっと知りたい■


2022年8月24日開催!「自己流は危険! 腸活で便秘解消」講座

2022年8月24日開催!「自己流は危険! 腸活で便秘解消」講座

便秘は身近な悩みですが、実は加齢とともになりやすく、生活の質を下げ、重大な病気のリスクを高めます。とはいえ、自己流の対策は体が本来持つ機能を損なう恐れが……。この講座では、医師・中島淳さんに、自分でできる便秘の対処法と、いざというときに医師や薬とどう付き合えばいいかを教わります。年齢とともにますます身近になる問題だけに、正しい知識を身につけましょう。

>>詳しくは、ハルメク旅とイベントサイトをチェック!

上大岡トメ

1965年、東京都生まれ。東京理科大学卒。イラストレーター。山口県宇部市在住。著書に『キッパリ! たった5分間で自分を変える方法』など多数。最新刊は、コミックエッセイ『老いる自分をゆるしてあげる。』(幻冬舎刊)。
★最新情報は、上大岡トメさんのトメサイズインスタTwitterもチェック!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ