横山タカ子の「信州・四季の手遊び」・17

9月:初秋の頃は、果実酒を楽しんで

公開日:2021/06/25

1
会員限定

料理研究家・横山タカ子さんの季節のしつらいをお届けする連載企画。今回のテーマは「果実酒」。暑さが続いていても、お盆が過ぎると、もう秋の気配。横山タカ子さんは、夏から秋の恵みの果物を食べ切れないほどいただいたら、果実酒にして楽しみます。

9月:初秋の頃は、果実酒を楽しんで
横山タカ子の「信州・四季の手遊び」・17

熟した果実で、ほんのりした甘みの“大人の味”に

ラズベリー、ブルーベリー、あけび……。太陽の恵みをいっぱいに受けた果物は、生でいただくのが一番おいしいですね。でも、たくさんいただいたり収穫したりして食べ切れないときには、果実酒にして楽しんでいます。

横山タカ子さん作:色鮮やかな果実酒
右からラズベリー、ブルーベリー、ポポーの実の果実酒。日をおくと、どんどん色が濃くなっていきます

作り方は簡単、本格焼酎に漬けるだけ! ホワイトリカーではなく、アルコール度数35%の本格焼酎を使い、最低3か月おいておきます。

熟した果実の甘みがあるので、砂糖を入れなくても大丈夫。果実酒は甘いものというイメージがあるかもしれませんが、...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

横山タカ子

1948(昭和23)年長野県大町市生まれ。長野の郷土食の知恵を生かした家庭料理や保存食を提案。NHK「きょうの料理」などテレビ・ラジオで活躍。年に300日は着物で暮らし、古きよき生活の知恵を取り入れたライフスタイルも人気を集めている。著書に『四季に寄り添い 暮らしかさねて』(信濃毎日新聞社刊)など。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ