横山タカ子の「信州・四季の手遊び」・7

台所は小さなギャラリー!花や食材を飾って楽しもう

公開日:2020/12/26

1
会員限定

移ろう四季の小さな変化を楽しみ、味わう料理研究家・横山タカ子さんの季節のしつらいをお届けします。今回のテーマは「実りの秋」。台所を季節感たっぷりの空間に演出し、調理の合間にはコーヒーや紅茶をいれて、ほっとひと息つくといいます。

横山タカ子の「信州・四季の手遊び」・7
横山タカ子の「信州・四季の手遊び」・7

台所を季節感たっぷりの空間に演出!

仕事柄、台所は私にとって“舞台”のような場所。ですから、台所はいつも心地いい空間にしていたい。心地いい空間で調理すると、料理もなんだかおいしく仕上がるような気がします。

台所には、花を欠かしません。自分で種から育てたケイトウや吾亦紅(われもこう)、エノコログサなど、季節の草花を摘んできては、食卓に生けます。

花の周りには採れたての野菜や果物、木の実など色とりどりの食材が並び、気付けば旬の食材で彩られた台所は、まるで小さなギャラリーのよう。

大豆はグラスに、胡桃や葡萄、柚子はかごに盛って、そこから少しずつつまんでは料理に使っていく。見せながら使いきるこの方法は、あれこれ手を煩わせなくとも、台所を季節感たっぷりの空間に演出してくれます。

実りの秋、この台所が一年で一番にぎやかになる季節を迎えました。小さなギャラリーを楽しみながら、今日も料理の腕をふるいます。

今回は、季節の郷土料理「大根びき」の作り方をご紹介します。...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

横山タカ子

1948(昭和23)年長野県大町市生まれ。長野の郷土食の知恵を生かした家庭料理や保存食を提案。NHK「きょうの料理」などテレビ・ラジオで活躍。年に300日は着物で暮らし、古きよき生活の知恵を取り入れたライフスタイルも人気を集めている。著書に『四季に寄り添い 暮らしかさねて』(信濃毎日新聞社刊)など。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ