毎週シャンシャン♪

シャンシャン「ジッとしないで体を動かしていこう!」

2020/03/18

104

2020年12月末で中国に返還が予定されている、東京・上野動物園のパンダのシャンシャン。公開観覧日から日々撮り続けている、ぱんだうじさんこと高氏貴博さんの、かわいすぎる写真をお届け! 今週のテーマは「動こう!」です。

シャンシャン

動くのは楽しいんだもの、とシャンシャン

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止のために、上野動物園は2020年2月29日(土)から臨時休園になっていますが、期間が3月31日(火)まで延長されました。シャンシャン、シンシン、リーリーと会えない日々が続きます。

外出などの自粛が増えて、ちょっとストレスがたまったり、運動不足になったりしていませんか。シャンシャンはどうかな? きっと今日も元気に食べて動いて、寝てますね(笑)

上野動物園の公式ツイッターでは、最近のパンダの様子を「デイパン」と題して動画でお知らせしてくれています。昨日3月17日の動画は、シャンシャン。

飼育員さんが、外の運動場の木と木の間に新しく枝を渡したのですが、それがとっても気に入ったらしく、枝を渡る(!)という新技を披露しています。

体重73kgのシャンシャンが枝を渡る様は、さながらサーカスの綱渡りのようで、バランスを崩して頭から落ちたり、落ちないぞ!と4本の足でぶらさがったり。それも楽しいのかな、落ちても再び枝渡りにチャレンジしています。

ということで、今日は元気に動き回っているシャンシャンのアクティブな写真を選んでみました。

「あらよっと!」2018年12月撮影
「あらよっと!」2018年12月撮影

後ろ足を上手に使って、逆さまの状態をキープ! この木はシャンシャンの大好きな、先端がYの字の形をした木です。写真では見えませんが、二股になった部分に体を引っ掛けるようにしているので、実はバランスを取るのが楽ちんかもしれません。

「このスリルが好き!」2018年5月撮影
「わーい、このスリルが好き!」2018年5月撮影

こちらは細い枝に、逆さまになってぶら下がっています。さきほどの太い幹よりしなるから、僕たちから見たら大丈夫かな、と心配ですが、シャンシャンにとっては度胸試しのスリルを楽しんで遊んでいるみたいです。危なっかしいことでも何でもやってみたいのは、人間の子どもと同じですね。

「ほら見て~!登れたよ」2018年9月撮影
「ほら見て~!登れたよ」2018年9月撮影

こちらもYの字の形をした木の、細い枝の方に体を寄っかからせています。大好きな場所で、登ったよ!と満足げな顔ですね。うれしそう(笑)

こう見えて、頭と体を鍛えているんです

バタバタするシャンシャン。2018年3月撮影
バタバタするシャンシャン。2018年3月撮影

続いて地上でのシャンシャン。平らな場所でのシャンシャンは、手足をよく動かして遊んでいます。この写真は生後9か月の頃ですね。木の破片を見つけてくわえたり、もてあそんだりしています。短い足を目いっぱい動かして、かわいいです。

何を探しているの?2019年11月撮影
何を探しているの?2019年11月撮影

外の運動場で見つけた麻袋。さて、何が入っていたのでしょうか。先日、おやつの入った竹筒を上手に持って逆さまにし、おやつを出す、という写真を紹介しましたが、この麻袋にもおやつやおもちゃが仕込んであるようです。

袋は柔らかいから、竹筒とは違う方法で中の物を出さないといけません。だからアタマと前足を鍛えるには持ってこいのようですね。

人間も、動くと体と頭のいろいろなところを使いますね。工夫をすれば部屋の中でも、外でも、1人でも、体を動かすことはできます。シャンシャンを見習って、僕も運動不足を解消するよう努めます!
 


<編集部から>
毎週水曜日に、高氏さんのシャンシャンの写真とエピソードを紹介しています。週の真ん中にシャンシャンを見て、元気をもらいましょう!

記事の更新は「ハルメクWEBメールマガジン」でお知らせします。メルマガの購読はページ下部の登録フォームからお願いします。

高氏さんのこれまでの記事はこちらからどうぞ
 

■編集部から、特別にシャンシャングッズをプレゼント!

ハルメクWEB編集部からお土産 シャンシャンバッジ

応募には、ハルメクWEBの会員登録が必要です。ご応募は、こちらから!
 

春からシャンシャンと一緒はいかが?

2020日めくり! 毎日シャンシャン366日カレンダー

平凡社刊、1980円、B6変型判

高氏貴博さんの写真でつづる、毎日シャンシャン!シャンシャンのかわいくて、おかしくて、時々せつない写真に、めくるたび元気をもらえます。

高氏貴博

毎日、上野動物園のパンダをレポートするブログ「毎日パンダ」が大きな反響を呼び、テレビ、雑誌など多くのメディアで取り上げられる。著書に『毎日パンダ-365日上野動物園に通っているよ日記』(平凡社刊)ほか。さいたま市在住、一児の父。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ