毎週シャンシャン♪

シャンシャンは登る登るよ、どこまでも

公開日:2020/01/29

113

2020年12月末で中国に返還が予定されている、東京・上野動物園のパンダのシャンシャン。公開観覧日から日々撮り続けている、ぱんだうじさんこと高氏貴博さんの、かわいすぎる写真をお届け! 今週のテーマは「木登り」です。

シャンシャン

木の上は、怖いというより、むしろ安心

人間にとって冬は、寒いがゆえに、外に出るのをためらってしまうこともありますが、さてシャンシャンはというと、今日も元気に外で動き回っております。食べております。寝ております。そして、木に登っております。

パンダは木登りが得意。シャンシャンも、もちろん得意。といいますか、大好きです。元々、野生のパンダは、外敵から身を守るために木に登ります。驚くほど高い所まで登るパンダもいるようです。でも、それは怖いことではなく、むしろ身の安全を確保できるから、安心なのです。

「よっこらしょ!うんとこしょ!」2018年6月撮影
「よっこらしょ!うんとこしょ!」2018年6月撮影

上野動物園の記録によると、シャンシャンは、2017年11月に木に登ることを覚えました。生まれて5か月ですね。小さい頃は、室内展示場にある背の低い木をよじ登るところから始めました。

上の写真を撮ったとき、シャンシャンはやっと1歳になったところで、体重は約30kg。よく見ると、前足と後ろ足の爪で幹をがっちりつかんでいます。そこそこ重い自分の体を、幼い力で一生懸命持ち上げていたんですね。

「見て見て~!ここまで登れたの~」2018年3月撮影
「見て見て~!ここまで登れたの~」2018年3月撮影

高い木に登れるのは、大人の証し⁉

木の上で、シャンシャンが何をしているかというと、いろいろです。食事をしていることもあるし、遊んでいることもあるし、寝ていることもあります。シャンシャンは木の上でとっても気持ちよさそうに寝るから、これが一番のお楽しみかもしれませんね。

「グー……」寝てます。2019年1月撮影
「グー……」寝てます。2019年1月撮影
「ふー、途中休憩よ」2018年6月撮影
「ふー、途中休憩よ」2018年6月撮影

今は外の運動場にあるもう少し高い木にも挑戦したいようです。とはいえ、シャンシャンにはまだ危ない高さと思える木の幹には鉄板が巻き付けてあり、シャンシャンが登れないようになっているんですよ。

2020年春には新パンダ舎へのお引越し、そして年末にはシャンシャンは中国に返還される予定ですが、その前にこの鉄板がはがされて、もっと高く登るシャンシャンを見ることができたらいいなあ。

「いつかこの先に、登ってみせるわ」2018年3月撮影
「いつかこの先に、登ってみせるわ」2018年3月撮影

おまけ:上野動物園の「マグ付きパンダラテ2020」

上野動物園では、パンダにちなんだ上野動物園だけで買えるグッズや、食べ物・飲み物を販売しています。毎冬、販売と同時に大人気なのが、「パンダマグdeパンダラテ」です。ラテを頼むと、陶器のマグカップに入れてくれるのですが、飲み終わったらそのマグカップを持って帰れるんです!

お持ち帰り用の箱と紙袋もくれます。1200円(2020年1月)
お持ち帰り用の箱と紙袋もくれます。1200円(2020年1月)
ラテアートの代わりに、こんなシャンシャンがのっかってます。
ラテアートの代わりに、こんなシャンシャンがのっかってます。

そして、マグカップの絵柄は毎年変わります。きっと、年ごとに買い揃えているファンもいるのではないでしょうか。2020年版の絵柄は、ピンクの文字がかわいいです。西園の「カフェカメレオン」で販売中。「パンダまん」と一緒にどうぞ。

マグカップの側面にぐるっと「2020」の文字とパンダが。
マグカップの側面にぐるっと「2020」の文字とシャンシャンが。

 


<編集部から>
毎週水曜日に、高氏さんのシャンシャンの写真とエピソードを紹介しています。週の真ん中にシャンシャンを見て、元気をもらいましょう!

記事の更新は「ハルメクWEBマガジン」でお知らせします。メルマガの購読はページ下部の登録フォームからお願いします。

高氏さんのこれまでの記事はこちらからどうぞ

 

かわいいシャンシャンを見納め!

2020日めくり! 毎日シャンシャン366日カレンダー

平凡社刊、1980円、B6変型判

高氏貴博さんの写真でつづる、毎日シャンシャン!シャンシャンのかわいくて、おかしくて、時々せつない写真に、めくるたび元気をもらえます。

高氏貴博

毎日、上野動物園のパンダをレポートするブログ「毎日パンダ」が大きな反響を呼び、テレビ、雑誌など多くのメディアで取り上げられる。著書に『毎日パンダ-365日上野動物園に通っているよ日記』(平凡社刊)ほか。さいたま市在住、一児の父。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ