菅沼薫さんに聞く、今の自分に合う美容法

お肌のハリにコラーゲンサプリは必要?選び方は?

菅沼 薫
2019/07/03 8

美白系サプリの解説に続き、コラーゲンのサプリメントについて、菅沼薫さんに教えてもらいます。コラーゲンをサプリで摂取する必要性は? その働きは? 実はコラーゲンよりも体に吸収されやすいアミノ酸サプリメントについては必読です!

【目次】
  1. 違いは何?コラーゲンサプリの賢い選び方
  2. 臭いが気になる場合は、錠剤タイプがおすすめ
  3. 美肌にはコラーゲンよりもアミノ酸!?
  4. 美容系サプリメントの選び方

違いは何?コラーゲンサプリの賢い選び方

コラーゲンサプリ

美肌効果が期待できると、女性に人気のコラーゲン。毎日コラーゲン配合の美容系サプリメントを摂っている人も多いのではないでしょうか? 今回は、コラーゲンのサプリメントについて詳しくお話ししたいと思います。※コラーゲンの働き、化粧品のコラーゲン、食事で摂るコラーゲンについては第4回「コラーゲン配合に惑わされていませんか?」をお読みください。

コラーゲンは、主に脊椎動物の真皮や骨などを構成するたんぱく質。前回お話しした、体の老化を防ぐ抗酸化成分と同じようにコラーゲンにも種類があり、構造や吸収、働きなどによって30種近くに分類されています。

牛、豚、魚、大豆などの原材料から抽出されたコラーゲンは、脂などの余分なものを取り除いたり、コラーゲンペプチドと呼ばれる低分子化した状態にするなど、精製されてサプリメントに配合されます。

数多くあるコラーゲンサプリメントの違いは、使われているコラーゲンの種類や原料、配合や精製方法、含有量です。そのため、どれがいいとは一概に言えません。形状や値段もさまざまなので、いろいろ試してみて自分が飲みやすいと思うものを見つけるといいでしょう。
 

臭いが気になる場合は、錠剤タイプがおすすめ

コラーゲンサプリは錠剤か粉か

ところで、コラーゲンに限らずサプリメントの臭いが苦手……、という人もいると思います。魚や肉など原材料によっては、どうしても臭いが残ってしまう場合があるんですよね。以前、ドリンクにするための加工を香料会社の方と一緒に行ったことがありますが、臭いを消すのに苦労しました。

食品の味や臭いを食べやすいものに加工することをマスキングと言うのですが、味よりも臭いのマスキングの方が難しいんですよ。味は甘味料や他に配合する成分で調整できるので、加工しやすいんです。

一般的にドリンクや粉末の方が臭いを強く感じることが多いです。気になる人は錠剤タイプのサプリメントを選ぶといいでしょう。臭いがカプセルなどに閉じ込められていますし、すぐに飲み込んでしまうので、比較的気にならないはずです。

なお、臭いのあるサプリは品質が悪いのは? と思うかもしれませんが、一概にそうとは言えません。コラーゲンの精製度が低いと臭いがキツく、高いと匂わないのが一般的ですが、中には天然で精製加工していないのが“売り”のものもあるのです。

ちなみに、ゼラチン(ゼライシス)の粉や板も、以前は臭いがキツめで苦手な人が多かったようですが、今は精製度が高く臭いが少なくなったものもあるので、機会があれば試してみてください。

美肌にはコラーゲンよりもアミノ酸!?

体内のコラーゲンを増やすなら、コラーゲンを摂るのが合理的! と思っている人もいるかもしれませんが、残念ながらそうではありません。

コラーゲンは分子が大きいため、体内に入ると胃や腸の中で分解され、一度アミノ酸の形となり吸収されます。このアミノ酸がビタミンCなどによって合成され、高分子のコラーゲン(たんぱく質)になるのです。この過程は、低分子化したコラーゲンペプチドでも同じです。このため、個人的にはコラーゲンより、アミノ酸サプリメントを摂取した方が効果的だと思っています。

アミノ酸サプリメントは、筋肉疲労を回復させる、運動量の高いアスリート向けの商品だと思っていませんか? アミノ酸は、日常の疲労や加齢による衰えをリカバリーしてくれる上、実はコラーゲンの材料にもなる(笑)。私は味の素社の「アミノバイタル」を、普段はアミノ酸含有量の少ないもの、ゴルフやスキーなど運動する時には多いものと飲み分けています。日常生活では「アミノエール」も飲みやすくおすすめです。

ただし、アミノ酸系のサプリメントには美容成分は含まれていないので、コラーゲン以外にも美容効果が欲しいという場合は、美容系のサプリメントを選んでください。

左「アミノエール」スティック30本入り箱(約30日分)5000円(税抜)、右 「アミノエール」ゼリーロイシン40 100g×6個入り箱 1200円(税抜)/味の素
(左)「アミノエール」スティック30本入り箱(約30日分)5400円(税込)、(右)「アミノエール」ゼリーロイシン40 100g 196円(税込・編集部調べ)/ともに味の素 ※価格は、2019年7月時点

 

美容系サプリメントの選び方

(左)資生堂「ピュアホワイト<ドリンク>」の成分(右)資生堂「ザ・コラーゲン リラクル<ドリンク>」の成分

前回から、美白系とコラーゲンに分けて美容系のサプリメントについてお話ししてきましたが、シミもシワも気になる場合はどっちを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

美白系サプリメントは抗酸化成分、コラーゲンサプリメントはコラーゲンを中心に配合や処方がされています。この他にもセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分や、さまざまな植物エキスなど、美容に効果的な成分が配合されています。

中には、抗酸化物質もコラーゲンも入っているものもあります。どちらを選んでいいかわからない場合は、より気になる悩みの方を選んでください。

美容系のものに限らず、サプリメントは自分の体に必要なものに優先順位をつけていくと選びやすいと思います。

特に夏場は、暑さや紫外線で肌がダメージを受けやすいので、美容系のサプリメントは効果的と言えるでしょう。ですが、サプリメントを摂っているからといって油断は禁物。体に必要なものは食事で摂るよう心がけてください。日常的な日焼け対策も忘れずに!

次回は、毛穴ケアについてお話しします。


 

 

菅沼 薫

すがぬま・かおる ビューティ&ライフ サイエンティスト、武庫川女子大学客員教授、sukai美科学研究所代表。日本顔学会会長をはじめ、日本化粧品技術者会役員、日本香粧品学会評議員などを務める。美容雑誌「VOCE」における化粧品比較実験を長年手掛ける。化粧品と肌のスペシャリストとしてメディアでも活躍中。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクBEAUTYメールマガジンを受け取る

50代からの美を保つ秘訣やワンポイント・セルフケアなど、美と健康に役立つ情報をお届けします。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ