すぐ簡単にできるぽっこりお腹対策

ガードル補正で変化!ぽっこりお腹ビフォーアフター

公開日:2022/06/06

2

悩めるぽっこりお腹対策、すぐ簡単に始められるのが、ガードルをはくことです。今回は、ガードルの効果をビフォーアフター写真でご紹介!あきカイロプラクティック副院長の檜垣暁子さんに、実際にガードルを選ぶときのポイントも教えてもらいます。

ガードル補正で変化!ぽっこりお腹ビフォーアフター

ガードル補正ビフォーアフター!見た目の違いは一目瞭然

ダイエットとは違って、ガードルは、はいたその場で結果が表れます。そうはいっても、果たしてどれほどの効果があるのか……半信半疑のままでは始められませんよね。そこで実験施設の装置をお借りし、60代モニターが着用したガードルの効果を3D写真で撮影してみました。

早速ですが、百聞は一見にしかず。下の写真をご覧ください。

ガードル補正ビフォーアフター1

ガードル補正ビフォーアフター2

ガードル補正ビフォーアフター3
いずれも60代モニター、Mサイズ着用

ショーツのみはいている場合と、ガードルをはいている場合とで比較してみました。どんな角度から見ても、ショーツのみはいている場合と比較して、“ぽっこり”が軽減しているのがわかります。

痩せてもぽっこりお腹は変わらない、そもそも運動嫌いでダイエットは嫌、そんな方は、すぐに効果の見られるガードルをはくことも手段の一つです。

プロが教えるガードル選びのポイント

「でもガードルって、ガチガチに補正して体に悪そう……」そんなイメージがありますよね。しかし、檜垣さんは「骨盤を整えながらぽっこりお腹にアプローチするガードルであれば、むしろはく方がいい」と語ります。

檜垣暁子(ひがき・あきこ)さんのプロフィール

檜垣暁子さん

神奈川県横浜市「あきカイロプラクティック」副院長。RMIT大学(オーストラリアロイヤルメルボルン工科大学)日本校卒業。カイロプラクティック理学士(B.C.Sc.)、応用理学士(B.App.S.c.)、日本カイロプラクターズ協会(JAC)正会員。

「ぽっこりお腹は、脂肪ではなく“骨盤の傾き”が原因であることも。骨盤が傾くと体の軸がシャキッとせずにシルエットがゆがんでしまい、お腹が突き出たぽっこりお腹に見えてしまうのです。

この場合はケアすることが大事。骨盤まわりをサポートするタイプのガードルの力を借りるのも有効です。何もケアしないことの方が体には良くないですね」(檜垣さん)

ただし締めつけが強いものはNG、と檜垣さんは言います。

「お腹をただただ前から強く押しつけるだけのものだと、血流悪化を引き起こしてしまい逆効果に。ガードルでぽっこりお腹を補正する場合は、ただ補正するだけでなく骨盤まわりまでアプローチするもの、そして締めつけ過ぎないものを選ぶと良いでしょう」(檜垣さん)

ハルメクのヘルシーガードルなら、骨盤まわりを整えてお腹スッキリ!

さて、先ほどのはき比べ画像の「A社ガードル」は、実はハルメクの「ヘルシーガードル」なんです!

ハルメクの「ヘルシーガードル」

ハルメクの「ヘルシーガードル」は、ただ押しつけるような補正とは異なるので、締めつけやくい込みがありません。特長は、骨盤まわりから整える「骨盤まわりサポート」と、お腹を下から持ち上げる「おなかもち上げサポート」。

「骨盤まわりサポート」で骨盤の傾きにアプローチしながら、「おなかもち上げサポート」で骨盤に下腹部がおさまるよう、下から持ち上げるように支えます。だから締めつけたりくい込んだりすることなくスッキリ!檜垣さんにも実際に試していただきました。

「ガードルの中には、全体的に押しつけたり締めつけたりすることでぽっこりお腹をスッキリ補正するものもありますが、ハルメクのガードルはお腹を下から持ち上げてくれる感覚です。骨盤まわりにもサポートが付いているので、骨盤の傾きにアプローチしながらぽっこりお腹対策ができる点がいいですね」(檜垣さん)

はきやすさについても「軽くてサラサラ、柔らかいですね!窮屈ということはまったくありません。これなら血行不良の心配もないと思います」と、太鼓判を押していただきました。

ガードルは、商品特長をきちんと見極めて選べば有効なぽっこりお腹対策の一つ。ガードルに対して苦手意識のある方も、柔らかくて締めつけず骨盤まわりもケアするハルメクの「ヘルシーガードル」なら、無理なくラクに“ぽっこりお腹スッキリ!”がかないます!

ぽっこりお腹対策に!「ヘルシーガードル(涼やか綿メッシュ)」7月4日(月)までおトク価格!

ハルメクの「ヘルシーガードル」は、骨盤まわりから整える&お腹を下から持ち上げるサポート機能付き!締めつけたりくい込んだりせずに、お腹スッキリがかなうので、ぜひチェックしてください。今なら「夏の感謝市」で「涼やか綿メッシュ」がおトクです♪

取材=水野愛(ハルメク 健康と暮らし編集部) 文=日和佐希志乃(同) 撮影=渡辺裕之

■もっと知りたい■

流石・日和佐

ハルメクの通販誌「健康と暮らし」でインナーページの編集を担当する2人組。流石(さすが):2012年ハルメク入社。趣味は動物の動画鑑賞とサウナ。特技は筋トレ。夢は猫と暮らすこと。日和佐(ひわさ):18年ハルメク入社。新人と見せかけて社会人歴は10年超え。趣味は宮崎への帰省。特技はマイルを貯めること。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ