レモン緑茶&カテキンレシピでダイエットをサポート

正月太り解消!?お茶と柑橘類の最強ペアで体脂肪対策

公開日:2022/01/07

8

お正月は自宅で過ごす人が多く、運動量が減少するため、油断すると「正月太り」に! そんな時におすすめなのが、体脂肪やコレステロール低減効果がある、お茶。ダイエットに効果的な「レモン緑茶」や抹茶を使った「カテキンダイエットレシピ」を紹介します。

正月太り解消!お茶と柑橘類の最強タッグで体脂肪対策

体脂肪を減らすお茶&柑橘類でダイエット効果アップ

体脂肪を減らすお茶&柑橘類でダイエット効果アップ

緑茶や抹茶に含まれる茶カテキンの一つ、ガレート型カテキンには、コレステロール値の低下作用と体脂肪の吸収を抑制する効果があることがわかっています。

最近は、お茶のダイエット効果に着目した、ガレート型カテキンを多く含むペットボトル飲料も登場しています。

例えば、伊藤園の「お~いお茶 濃い茶」は、通常の2倍の量のガレート型カテキンが含まれた機能性表示食品。コロナ禍の外出自粛の影響で、体脂肪やコレステロール対策への関心が高まっていることもあって、24か月連続で売り上げが前年を上回っているそう。

コロナ太りや正月太りが気になる人は、茶カテキンの体脂肪低減効果をうまく活用するのがおすすめです。

特に緑茶と柑橘類を一緒に取ると、柑橘系由来のポリフェノールがカテキンの体脂肪低減効果をアップさせることも、最新の研究で明らかになってきました。

ダイエット中は、小腹がすいたときや食後のデザートに、温かい緑茶とともに「コタツでみかん」を楽しむのがいいかもしれませんね。

レモン緑茶にはダイエット効果&ストレス緩和効果も!

レモン緑茶にはダイエット効果&ストレス緩和効果も

柑橘類と緑茶の組み合わせの中でも、特にダイエット効果が期待できるのが「レモン緑茶」です。いつものお茶にレモン果汁を加えるだけで簡単に作れます。

レモンには、脂肪燃焼効果のある善玉ホルモン・アディポネクチンの分泌を促す効果があります。酸っぱい味は、満腹ホルモン・レプチンの分泌も促すため、食べ過ぎ防止にもつながります。

また、レモンに含まれるリモネンには、気分をリフレッシュさせる効果も。緑茶に含まれるテアニンにはリラックス効果があるため、一緒に取ることでストレス軽減効果も期待できます。

ダイエットしたい人はもちろん、それ以外の人も、ストレスを感じやすいコロナ禍の生活にぜひ「レモン緑茶」を取り入れてみてください。

抹茶をちょい足し!カテキンダイエットレシピもおすすめ

抹茶をちょい足し!カテキンダイエットレシピもおすすめ

また、料理で茶カテキンを取り入れるのもおすすめです。特に粉末の抹茶パウダーは料理に「ちょい足し」しやすく、使い勝手も抜群。抹茶を使ったカテキンダイエットレシピは、主食やおかず、スイーツまで、さまざまなものがあります。

時間がない場合は、ヨーグルトやスムージー、サラダに添えるドレッシングに「ちょい足し」するだけでも、しっかりカテキンが取れるのはもちろん、お茶の香りや風味がプラスされていつもとひと味違った味わいに。

茶カテキンはお茶などから摂取しても、時間とともに体内から減少してしまうため、効果を高めるためには、1日2~3回に分けての摂取がおすすめです。レモン緑茶やカテキンダイエットレシピで、効率よくダイエットをサポートしましょう!

■もっと知りたい■

▼体脂肪対策におすすめのお茶をチェック!

お茶活クラブ

お茶活とは、日常生活においてお茶を楽しむ活動のこと。毎日抹茶や緑茶を飲むことで、テアニンや茶カテキンなど、お茶に含まれている健康・美容にいい成分を効果的に取り込むことができます。お茶に関する知識やお茶を使った料理レシピをチェックして、あなたも「お茶活」習慣を始めてみませんか?

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ