コーデに投入したい映えスカート

映えスカートが便利!シンプルコーデが即・垢抜ける

公開日:2022.08.31

更新日:2023.10.09

着用するアイテムが少ない季節、大人女性におすすめしたいのが、一枚でスタイリング全体がパッと華やかに映る「映えスカート」。今回は、コーデに投入するだけで旬のスタイリングが完成する映えスカートコーデをご紹介します!

一枚で「映える」スカートが欲しい
一枚で「映える」スカートが欲しい

1枚でパッと華やかになる!「映えスカート」

一枚でスタイリング全体がパッと華やかに映る「映えスカート」。装飾のないTシャツやブラウスを投入するだけでもサマになる主役級アイテムです。

鮮やかな「カラースカート」や「プリーツスカート」、「フレアスカート」など、華やかさのあるスカートがトレンドに。丈で言うと「マキシ丈」「ミモレ丈」「ミディ丈」といったロングスカートが引き続き支持を集めています。

例えば、カラースカートは一際目を引く鮮やかなグリーン、オレンジ、ブルーが人気。トップスでカラーアイテムを取り入れるのは難易度が高めですが、顔から離れたボトムスなら初心者さんもトライしやすいもの。

プリーツスカートは、アシンメトリーなデザインなど、ひと工夫凝ったデザインに注目。フレアスカートは、ふんわりと揺れる裾が女性らしい雰囲気の上、体型カバーも叶います。

今回は、コーデに投入するだけで旬のスタイリングが完成する映えスカートコーデをご紹介します!

【映えスカートコーデ1】今っぽいカラースカート

WEAR
出典:WEAR

生地をたっぷりと使用したボリューム感のあるロングスカート。スカートを新調するなら、断然今っぽいコーデを叶えてくれるカラースカートを選んで。着用した途端、トレンドライクな着こなしに。コットンタッチのものならナチュラルな印象。ウエスト部分がゴム仕様のタイプなら、ストレスフリーな着心地。

カジュアルコーデの定番アイテムであるボーダーTシャツも、グリーンカラーのスカートを投入することで、フェミニンカジュアルなスタイリングが完成します。大人可愛くて肩肘の張らない着こなしは、デイリーにはもちろん、休日にもおすすめです。

【映えスカートコーデ2】プリーツスカートで着痩せ効果を演出

WEAR
出典:WEAR

しなやかな動きの出る上品なプリーツスカート。プリーツスカートとは、ウエストから裾にかけて縦の折りひだ、すなわちプリーツが繰り返し入ったスカートを指します。プリーツのおかげで縦のラインが強調されるため、着痩せして見えます。また、縦のラインは脚長効果も期待できるので、はくだけでスタイルアップが狙えますよ。

柔らかな光沢感のあるサテン素材のタイプを選べば、投入した途端、コーデに女性らしさと華やかさをプラスしてくれます。落ち着いた印象のペールピンクのものなら、派手にならずに大人女性にぴったり。

トップスには、Vネックのサマーニットを投入して女性らしく。スッキリと開いたVネックと、抜け感のある肩まわりのシルエットがエレガント印象です。

【映えスカートコーデ3】優雅でフェミニンなフレアスカート

WEAR
出典:WEAR

女性らしい印象を与えてくれるフレアスカートを主役にしたコーデ。フレアスカートとは、シルエットが朝顔のように広がったスカートのこと。フェミニンかつ優雅なイメージを作ってくれます。また、足さばきがラクで動きやすいのがうれしいポイント。

画像は、肉感を全く拾わない、流れるシルエットでスタイルアップ効果抜群のフレアスカート。ブラックカラーが基本となった大柄のフラワープリントなら、落ち着いていて大人っぽさがありながら、華やかな存在感を発揮してくれます。小花柄ですと子どもっぽい印象になりがちですが、大柄のものなら、大人女性にマッチします。

【映えスカートコーデ4】注目のマーメイドスカート

WEAR
出典:WEAR

カジュアルな印象の強いロゴTシャツを、マーメイドスカートでフェミニンに味付けしたコーデ。マーメイドスカートとは、人魚のようなシルエットを持つスカートのこと。腰まわりはタイトな形で、裾部分がフレアになっているので、気になる体型をカバーしつつ、女性らしく演出してくれる頼れる味方です。

ロゴTシャツは、ブラックカラー&スタイリッシュな字体なので、大人女性も取り入れやすい一枚。そこに、ボーダーカーディガンを肩掛けすれば、即今っぽい着こなしが完成します。足元にスニーカーを投入すれば、マーメイドスカートのフェミニンさが中和されて、肩肘の張らないスタイリングの完成。

【映えスカートコーデ5】ハイウエストのコクーンスカートでスタイルアップ!

WEAR
出典:WEAR

大人女性から高い支持を受けているコクーンスカート。コクーンとは、繭(まゆ)の意味。腰まわりはゆったりとしており、裾にかけて少しずつすぼまっていくスカートのシルエットが繭の形に似ていることから命名されました。腰まわりに余裕があるので、さりげなく体型カバーできるのがうれしい。

画像は、季節を問わず長く使えるコクーンスカート。ハイウエストデザイン、かつウエスト部分に切替があるので、小柄な方もスタイルアップしてはけるアイテムです。バックには深めのスリットが入っているタイプなら、歩きやすくて◎。スッキリとしたシルエットなので、カジュアルなTシャツも女性らしくまとまっています。ハイウエストなので、Tシャツの裾はスカートにINするのが正解。

以上、大人女性のための映えスカートコーデをご紹介しました。各ブランドからオシャレなデザインのスカートが続々と登場しているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

■もっと知りたい■

オトナ女性の新常識!?イマドキ情報一覧はコチラ

遠藤友香

ファッションディレクター。大学卒業後、アシスタントを経てスタイリストとし独立。ブランドショー(CHANEL、GUCCI、PRADA等)等で活動後、「ISTITUTO MARANGONI ミラノ校」FASHION STYLING修士課程修了。現在、新聞、TV、雑誌、WEB等、幅広い場で活躍。

マイページに保存

\ この記事をみんなに伝えよう /

いまあなたにおすすめ