「いつか」のために、今やっておきたい片付け

生前整理のために、物を片付ける5つのポイント

公開日:2020/06/15

6

「終活の一環として物を減らしたい」けれど、何から手を付ければいいのかわからないという声をよく聞きます。中でも、写真、着物、家具、食器、アクセサリーなど、思い入れのある物は、簡単には手放せません。生前整理を実践している4人に知恵を伺いました。

生前整理のために、物を片付ける5つのポイント

生前整理の一つ「終活片付け」とは

終活片付け

生きているうちに死後のことを考え身辺や財産の整理をする「生前整理」。多くの人が、やらなくちゃと思いながら先延ばしにしがちなのが、特に身の回りの「片付け」でしょう。

今からご紹介する「終活片付け」は、「ずっと気に掛かっていた思い入れのある物と向き合い、心にも片をつけ、大切な物だけを残すこと」です。その終活片付けをスムーズに進めるため、60~80代のすでに終活片付けを実践している4人をご紹介します。

読者・合沢隆子さんは、「これを残して懐かしむ人がいるか」を判断基準にして家の中の物を見て、食器などの整理を進めています。

また人気ブロガーのごんおばちゃまは、「いきなり思い出深い写真などから始めるのではなく、最初は引き出し一つから、不要な物を取り除いていきましょう」と言います。その際、「全部出さず、今使っていない物だけを抜き取る」こと。短時間で済み、体力的な負担も減ります。

そして、作家の高見澤たか子さんは、定期的に不用品を買い取ってもらっているそう。

最後に、樋口恵子さんは、自分や家族の気持ちや状況は年々変わるので「1年ごとに今も残しておきたいと思うか見直す」のが大切と語ります。

 

生前整理のための、上手な手放し方 5つのポイント

生前整理のための、上手な手放し方

「片付けをやらなくちゃいけないのはわかっているんだけど……」という人に覚えてほしい、終活片付けの上手な進め方、5つのポイントを紹介します。

  1. 遺される人の目線で身の回りの物を見る
    子どもなど「自分以外が片付けることになったら」と考えてみる
     
  2. 思い入れが少ない物から始める
    思い出深い物から始めると挫折しやすいので、明らかな不用品から始める
     
  3. 全部出さず、今使っていない物だけを抜き取る
    全部出して片付けるのは大きな負担。不用品を抜き取れば短時間で済む
     
  4. 捨てる、譲る、寄付するなど手放し先を決める
    抜き取った不用品は、必要な人に譲る、寄付する、売るなどして手放す
     
  5. 1年ごとに、今も「残しておきたい」と思うか見直す
    自分や家族の気持ちや状況は年々変わるので、1年ごとに見直す


取材・文=大門恵子、野田有香(ともにハルメク編集部)
※この記事は「ハルメク」2019年9月号に掲載された記事を再編集しています。
 

■もっと知りたい■

  1. 生前整理のために、物を片付ける5つのポイント
  2. 生前整理実践編1|樋口恵子さんの合理的な終活片付け
  3. 生前整理実践編2|手紙、写真、車、着物の手放し方
  4. 生前整理実践編3|ごんおばちゃまの1日30分片付け
  5. 生前整理実践編4|片付けは人にお願いしてもいい


 


次回からは、4人の片付け上手な方たちが実際にどのように生前整理に取り組んでいるかご紹介します。

※雑誌「ハルメク」は定期購読誌です。書店ではお買い求めいただけません。詳しくは雑誌ハルメクのサイトをご確認ください。
 

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ