主婦・合沢隆子さんの終活片付け

生前整理実践編2|手紙、写真、車、着物の手放し方

公開日:2020/06/15

2
会員限定

生前整理のための「終活片付け」に取り組む主婦、合沢隆子さん。「思い出はしまい込まず、見て、飾って、使って満喫することで物と別れるのが寂しくなくなった」と言います。手紙、写真、着物、車といった捨てがたいものの手放し方を教わりました。

合沢隆子さんの終活片付け

親の遺品整理の経験から、生前整理に取り組む

生前整理に取り組む

築19年の一軒家に暮らし、約10年前から少しずつ終活片付けをしている合沢隆子さん。2004年に親の家を片付け、残された食器や家具、写真を懐かしみながら泣く泣く手放した経験が原点にあると言います。

「思い出の品々が捨てられていく様子を見るのは本当につらい。こんな思いを娘たちにさせたくないと強く思ったんです」と振り返ります。

終活というと、物を減らすことと思いがちですが、合沢さんはそうではありません。
...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ