お酢を使った料理レシピ・2

料理の幅が広がる!簡単・便利な「合わせ酢」レシピ

公開日:2020/04/23

12
会員限定

合わせ酢とは、酢にしょうゆ・みりんなどの調味料、だし汁などを配合したもの。二杯酢・三杯酢・甘酢などが代表的です。今回は料理家・栄養士の小田真規子さんおすすめの合わせ酢の作り方と、おかずにぴったりのお酢を使った料理レシピを紹介します。

簡単・便利な「合わせ酢」レシピ

簡単に作れる「合わせ酢」で誰でも料理上手に!

酢

お酢は素材の味を引き立て、料理の味を締める名脇役。便利な「合わせ酢」を覚えておけば、さまざまな料理で活用できます。

・万能酢
しょうゆ:みりん:酢=1:1:1
酢の物などにおすすめ。唐辛子を加えると南蛮酢に。好みに応じてカレー粉を加えたり、みりんを倍量にしてもOK。

・うま酢
オイスターソース:酢=3:1
中華の炒め物やあえ物などに使えます。好みで酢は半分程度にしてもいい。ゴマ油を0.5の割合で加えてもおいしい。

・酢みそ
みそ:砂糖:酢=2:1:1
炒め物やあえ物、みそ漬けの床に便利。砂糖をハチミツや三温糖にするとさらにコクが出る。酢は半分程度にしても。
 

野菜の甘味が引き立つ!野菜のビネガー蒸し

野菜のビネガー蒸し

材料 (作りやすい分量)

カボチャ…約1/5個(250g)
インゲン…10本(80g)

【A】オリーブ油…大さじ1
     米酢…大さじ1
     塩…小さじ1/3
     水…大さじ4

作り方・レシピ

  1. カボチャはワタと種を除き、厚さ1.5cmのいちょう切りにする。インゲンは筋を取って半分に切る。
  2. フライパンにカボチャを広げ、インゲンを散らし、【A】の調味料を順に振り入れる。
  3. ふたをして中火にかけ、煮立ったら弱火にして10分熱する。
  4. 火を止めて、そのまま10分蒸らす。

 
★料理のポイント

料理のポイント

蒸すことでお酢の酸味が飛び、野菜の甘味を引き出します。カボチャをレンコンやイモ類などに代えてもおいしい。

続いては、夏におすすめの、そうめんを使ったさっぱりメニューです!...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ