参加者は女性限定の7名

海外ひとり旅ツアー体験談-スペイン7日間編

公開日:2018/10/01

6

同行者に気兼ねすることもない、ひとり旅ツアーというものがあるのをご存知ですか? そのツアーの魅力や体験談をご紹介。今回はスペイン。マドリッド、コルドバ、バルセロナ等へ。英語もできない、ひとりで海外旅行をする勇気もない、そんな人も必見。

サグラダ・ファミリア。2026年に完成予定とか。
サグラダ・ファミリア。2026年に完成予定とか

2回目は女性限定ツアーでスペインへ

今回はまるで女子会のようなツアーでした。クラブツーリズムという旅行会社のプランで、参加者は7名(50代3名、30代3名、20代1名)と添乗員の計8名です。大型バスに8名は少し寂しい感じはしましたが、とてもゆったりです。

成田からフィンランドのヘルシンキを経由してスペイン・マドリッドへ行きました。スペイン国内ではバスのほかスペイン新幹線でコルドバへ、セルビアから国内線でバルセロナへと、目まぐるしく移動しました。また、ホテルを早く出発し、夕食後フラメンコショーを見に行くなど、かなりハードでした。しかし、全員で8名なので集合がスムーズで、またいつも8名で固まって行動するので、すぐに打ち解け仲良くなれました。

なぜ女性限定ツアーを選んだのかというと、前回のひとり旅ツアーの添乗員が男性だったので、初心者の私は“添乗員は女性の方が気楽だったかな”との思いがあったからかもしれません。

情熱的なフラメンコショー
情熱的なフラメンコショー。

 

芸術と情熱の国の7日間ツアーは最高!

スペインの人気4都市(マドリッド、コルドバ、グラナダ、バルセロナ)を観光しました。スペインに行ったら見逃せない世界遺産メスキータ、アルハンブラ宮殿、ガウディの建築群と7日間みっちりの観光です。

サグラダ・ファミリアの見学が1番の目的でしたが、ガウディの造ったグエル公園がとても素晴らしく何枚も写真を撮りました。また、サグラダ・ファミリアは技術の進歩により2026年に完成予定と知り、10年後にはもう一度訪れようと心に決めました。スペインの風景は、どこに行っても絵はがきのようで素晴らしかったです。
 

グルエ公園にて
グルエ公園にて。

あんなに楽しいツアーが帰りは寂しい

今回は人数も少なかったので、まとまりのある落ち着いたツアーでした。添乗員さんが60代位のおっとりとした方だったので、ツアー中は若い人たちが積極的に先に歩いてく感じでした。また、ちょっと時間があるとショッピング、となったのは、女性限定ならではでしょうか。コルドバへの新幹線では、荷物が次の駅へ行ってしまったなどのハプニングにも遭遇し、思い出となりました。

帰国後2人の方と会い、写真を見ながら旅行の話をしましたが、その後はお会いする機会はありませんでした。

この後も何回かツアーに参加しましたが、おひとり様は出発地がそれぞれ違うので成田空港に着いた後の解散の早さと言ったら……。ここでいつも改めておひとり様ツアーだったのだと実感しながら帰りの電車に乗るのです。それでもまた次のひとり旅ツアーへ参加したくなるのは、私の行きたい観光名所がコースにすべて入っていて、そこに一人でも行ってくることができたという、満足感が得られるからです。

少しはひとり旅に慣れた私は、この後一度は行ってみたかったトルコへ旅立ちます。一般のツアーの中におひとり様歓迎日というのがあり、おひとり様ツアーより料金がかなり安いことを知って参加したのです (ちなみにスペインは往復飛行機、一人一部屋の宿泊、観光案内、3食の食事含めて40万円と高かったのです)。

そんな話を次回に。

渡邉 葉子

海外旅行に興味があり、仕事を辞めた2012年に海外ひとり旅ツアーに参加しました。現在は親の介護があり、興味は美容・健康に移りつつありますが……。なかなかひとり旅に踏み切れない方に一歩踏み出していただけるよう、私のツアーでの体験談や素敵な思い出を紹介していきたいと思います。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ