一般ツアーの「おひとり様参加歓迎日」に参加!

海外ひとり旅ツアー体験談ートルコ8日間編

渡邉 葉子
2018/11/01 6

同行者に気兼ねすることもない、ひとり旅ツアーというものがあるのをご存知ですか? そのツアーの魅力や体験談をご紹介。今回はトルコ。イスタンブール、カッパドキア等へ。英語もできない、ひとりで海外旅行をする勇気もない、そんな人も必見。

世界遺産のカッパドキア
世界遺産のカッパドキア
【目次】
  1. 3回目は一般のツアーでトルコへ
  2. きらめきのトルコハイライト周遊8日間!
  3. ひとりでも今すぐ行きたい!

3回目は一般のツアーでトルコへ

今回はクラブツーリズムの一般のツアーの中で、「おひとり様参加歓迎日」というのがあるのを知り参加しました。

この年(2013年)はトルコと東京がオリンピックの開催国を争っていたこともあり、様々なパンフレットの中にトルコツアーが掲載されていました。もちろんおひとり様ツアーもありましたが、一般のツアーの料金がかなり安かったのです。

「おひとり様参加歓迎日」とは一人部屋追加料金を29,000円払うだけで一般のツアーに参加できる日です。トルコは物価が安いこともあり8日間の料金すべてで20万円くらいでした。

ツアーは全員で28名。その中におひとり様は10名、女性は7名でした。ツアーを申し込む時に「おひとり様で参加する女性の方はいらっしゃいますか?」など聞くのがポイントかと思います。この頃のトルコは治安も良かったので、空港にはどのツアーにも年配のご夫婦が多かったです。

 

きらめきのトルコハイライト周遊8日間!

4つの世界遺産(イスタンブール、エフェソス、パムッカレ、カッパドキア)を、バスと国内線で周ります。

トルコは漠然とした憧れの国でしたので、どこを観てみたいというよりは、とにかく行ってみたいという国でした。しかし行く先々が素晴らしく、初日のイスタンブール市内観光、アヤソフィア大聖堂、ブルーモスク、ボスポラス海峡だけでも感激なのに、次から次へとの世界遺産で、8日間で帰ってきてしまうのがもったいないくらいでした。

イスタンブール アヤソフィア大聖堂
イスタンブール アヤソフィア大聖堂。
イスタンブール グランバザール
イスタンブール グランバザール。

 

洞窟のホテルにも泊まり、ザ・リッツ・カールトンイスタンブールにも泊まりました。

1番の思い出は、最終日の自由行動の時間に仲良くなった方々とした、イスタンブールの街歩き、地下鉄、トラムにも乗ったことです。バスでの移動時間が長いので、添乗員さんがバスの座席もいろいろ考えてくださり、みなさんと仲良くなれました。

ひとりでも今すぐ行きたい!

私のまわりにトルコに行ってみたいという人はいませんでした。みんな行きたい国、好きな国はいろいろです(私はアジアはあまり……)。

私は帰宅してから写真を見てひとり思い出に浸ります。トルコはまわりの国の影響で現在は日本のツアーは数少なくなってしまっているのが残念です。とても親日家の国なのです。

このツアーは、旅行が好きであちこちの国に行かれている方が多く、まだ旅行中だと言うのに「次はどこへ行こうか」とか「あそこの国は素晴らしかった」とか、毎日旅行の話で盛り上がっていました。初心者の私にはいろいろな国をすすめてくれました。

その影響で、私はこの後すぐイギリスのツアーに申し込みました。そんなイギリスの話はまた次回!!

 

渡邉 葉子

神奈川県 /62歳
神奈川県 /62歳

海外旅行に興味があり、仕事を辞めた2012年に海外ひとり旅ツアーに参加しました。現在は親の介護があり、興味は美容・健康に移りつつありますが……。なかなかひとり旅に踏み切れない方に一歩踏み出していただけるよう、私のツアーでの体験談や素敵な思い出を紹介していきたいと思います。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクTRAVELメールマガジンを受け取る

ゆったりと非日常を味わいたい方におすすめの旅情報をお届けします。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ