小物をスッキリ収納!

引っ掛け収納の弱点をカバーしてくれる100均グッズ

公開日:2022.09.05

更新日:2022.09.05

ボックスなどに引っ掛け(吊り下げ)られるタイプの収納グッズは、細々したものの収納にとても便利ですが、弱点があります。その弱点を解消してくれる100円ショップグッズをご紹介します。

引っ掛け式収納のお悩みを解決!

ボックスなどに引っ掛け(吊り下げ)られるタイプの収納グッズは、細々したものの収納にとても便利です。デイリーに使う小物入れとして利用されている方も多いのではないでしょうか。ただこのタイプの収納グッズにも不満があります。

それは、好きな位置に設置できないこと。

それと、小物入れの形よりも、引っ掛けられることを優先して入れ物の形に妥協してしまうこと。

これらの不満を解消してくれるグッズが、今回ご紹介する「差し込み式壁面シールフック」です。

差し込み式壁面シールフック

差し込み式壁面シールフック

差し込み式壁面シールフックには、凹凸型のシールフックがそれぞれ2個ずつ、2セット入っていて110円です。

差し込み式壁面シールフック

凹型のシールフックを設置したいボックスや壁面に貼り、もう一方の凸型のフックを引っ掛けたいものに貼り付ければ準備OK。

差し込み式壁面シールフック

あとはフックを差し込めば、壁面に引っ掛け式収納の代替となるものができます。

リモコンなどの壁面収納にも役立ちますね。

差し込み式壁面シールフックのメリット

この差し込み式壁面シールフックを使えば、好みの形のボックスを、小物入れとしてセットすることも可能。

差し込み式壁面シールフックのメリット

たとえば、仕切りがあるダイソーの積み重ねボックスを、無印良品のファイルボックスに設置することもできます。

差し込み式壁面シールフックのメリット

しかも、低位置や隅にも設置できるので、背の高い化粧水などがファイルボックスの高さを超えてしまうこともありません。

差し込み式壁面シールフックのメリット

この壁面シールフックは、サイズが6×6×1cm。耐荷重は1.5kg。化粧水などを入れても落ちてしまいそうな不安は感じません。

差し込み式壁面シールフックのメリット

またこの差し込み式壁面シールフックは粘着テープではないので、端から剥がすことも、また再度貼ることもできました。

ただし取り付けられるのはつるつるしている平らな面のみ。凸凹した壁や木材などには貼り付けられません。

収納ボックスの内側に設置すれば、上部の空いている空間の有効活用もできるので、アイディア次第では収納の強い味方になりそう。

便利なグッズだと思うので、100円ショップに行ったらぜひチェックしてみてくださいね。

 

■もっと知りたい■

丘野 夢

整理収納アドバイザー、ファイナンシャルプランナー、ライター。得意分野であるスマホ関連と無印良品、100均などの雑貨に関する情報をメインにお伝えしていきたいと思っています。今年の目標は1日1個の捨てモノ。ゆるくミニマリストを目指しています。 Instagram

マイページに保存

\ この記事をみんなに伝えよう /

いまあなたにおすすめ