今話題のNFTアートを出品してみました

3時間で3個売れた!実は簡単だったNFTの世界

公開日:2022/04/04

7

今話題の「NFT」。メルカリやヤフオクに出品するように手軽にできることをご存知でしょうか。先日絵心のない私がNFTを作成し、出品してみたら3時間で3個売れました。販売してみてわかったNFTの世界をご紹介します。

3時間で3個売れた!実は簡単だったNFTの世界
素人ですが自作のアートが1000円で売れました!

NFTとは?

「Non-Fungible Token(ノン・できない ファンジブル・代替可能な トークン・代用硬貨)」の略で、データの所有権といったデジタル世界における権利を記録することができるデジタル資産のことを指します。

「NFT」と聞いて、よくわからないからと敬遠されている方も多いかもしれません。

私も昨年(2021年)まではそうでした。しかし、今年(2022年)思い切ってその世界に飛び込んでみたら、予想外にワクワクする世界が広がっていました。本日はその「NFT」販売についてお話しいたします。 

メルカリやヤフオクのように手軽に出品できるプラットフォーム 

メルカリやヤフオクのように手軽に出品できるプラットフォーム 

「NFT」で販売しているものは、ざっくりいうと、シリアル番号のついた画像です。自分で作成した画像にシリアル番号をつけるのは小難しいように感じますが、専用のマーケットにUPすると自動的に付与されます。

その「NFT」を販売するマーケットとして有名なのが「OpenSea」というプラットフォーム。しかし売買が仮想通貨のみで行われるので、ちょっぴり敷居が高いかもしれません。 

そんな方におすすめなのが「HEXA」という、日本語、日本円で取引ができるプラットフォーム。私がNFTを出品したのもHEXAです。 

出品手続きは、わずか5分 

出品に必要なのは、Twitterアカウントとメールアドレス。Twitterと連携させることで、簡単にアカウントが作成できます。

そして、出品したいものをアップロードし、説明などを入力するだけ。その後審査がありますが、数時間で完了します。拍子抜けするほど、簡単です。

出品できるのはファイル形式が、PNG,JPG,JPEG,GIF,BMP,GLB,MP4(H.264/AVC),MP3のいずれかで、サイズが100MB以下のもの。 イラストや写真、文字、文章、音声、ツイートなどいろいろなものが販売されています。

「NFT」は物を売っているのではない? Twitterでのつながりが鍵

「NFT」は物を売っているのではない? Twitterでのつながりが鍵

「NFT」では、有名なイラストレーターさんやクリエーターさんも多く出品されています。そんな素敵な作品が多く存在する中で、ど素人の私が販売できた要因は、ひとえに「人とのつながり」。NFTは物を売っているようでいて、実は人とのつながりが大きく関わっていることを知りました。 

「NFT」は物を売っているのではない? Twitterでのつながりが鍵

どういうことかというと、販売に大きく関わっていたのがTwitter。販売当日は朝から何度も宣伝告知しました。

素人の作品と思うと、ちょっと気がひける行動なのですが、これがとても大事ということを聞いていたので積極的にPRしました。この時、何人かが拡散してくれたんですね。

日頃からの人とのつながりの重要さを感じました。そして購入していただいた方には、うれしさと共に親近感とちょっぴり太くなったつながりを感じています。 

NFTの楽しさ 

NFTの楽しさ

NFT初心者にとっては、出品物が売れることはもちろんのこと、人とのつながりを感じられるところにとても魅力を感じます。 

それと共に、どうやったら売れるのだろうか、と考えることもワクワクします。NFT販売にはマーケティング力と企画力が必要と言われていますが、人気のクリエーターさんがどうやって成功しているのか分析するのも面白い。子どもの絵が大人気になったりしていて、ただ作品が上手いだけが売れる条件ではないところが奥深い世界です。 

今年に入り、楽天やLINEなど、相次いでNFTを販売するプラットフォームを登場させています。ただ、まだまだ日本ではNFTを売買している人が少ないのが現状。ですが、だからこそ素人が入り込める隙間があるのかもしれませんね。今年はNFT沼にどっぷりハマりそうです。 

 

■もっと知りたい■

 

丘野 夢

整理収納アドバイザー、ファイナンシャルプランナー、ライター。得意分野であるスマホ関連と無印良品、100均などの雑貨に関する情報をメインにお伝えしていきたいと思っています。今年の目標は1日1個の捨てモノ。ゆるくミニマリストを目指しています。 Instagram

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ