新しいことに挑戦します

いいと思ったらやってみる~コロナ禍で始めたこと~

公開日:2021/02/21

4

お稽古事には、あまり縁がなかった私です。コロナ禍の今、若い頃からいろいろな勉強や、習い事をしている友人に紹介され、生け花を習いに行くことにしました。美しい物に触れ、心豊かに暮らすことが目標です。

コロナ禍で始めたこと

新しいことに挑戦する

娘時代には、祖母などからお花くらいは習いなさいと言われ、反発していました。和裁に興味を持って習ったのは、知人たちが洋裁を始めたからです。高校生の頃、ワンピースくらいは縫っていましたし、何と言っても、人と同じがイヤな私です。後に和裁は挫折しましたが、当時習ったことは、今でも役に立っています。2年前には、単衣着物も縫えました。無駄ではありませんでした。

母から着物を譲り受けたとき、自分できれいに着たいと思いました。そこで、着付け教室に通いました。まあ、何とか着られるようになりました。着付け教室にはさまざま年齢、職業の人がいましたので、目上の人や、若い人の考えや感性に触れることができました。

そして、今度は生け花を習います。

孫の七五三祝いに
孫の七五三祝いに
他の帯結びもできるように

どんな事でも聞きなさい。分かるまで教えます

人形館で飾った椿・サンシュユ・黒文字
人形館で飾った椿・サンシュユ・黒文字

いつか紹介したいと思いますが、私は「糸操り人形館」という所で働いていました。

当時、館長さんは毎朝5時から庭を巡り、花を選び、玄関・お手洗い・展示棟のテーブルなどに飾っていました。

ですが、ある日突然「これからは、あなたたちがしなさい」と言われたのです。驚いて「経験がなくて、無理です」と言う私たちに、「いいから、やってみなさい」とのこと。若い頃に教えを受けていれば、少しは気が楽だったかもしれません。

人形館に飾ったツバキとマンサク
人形館に飾ったツバキとマンサク

館長さんの生け花は、日々よく見ていました。勤め始めたときから、勉強だと思い、昼休みにスケッチブックに書いて記録し、後には写真でも記録をしていました。名前を知らない花や植物も多く、何回も教えていただきました。

人形館で春飾りました
人形館で春飾りました

館長さんの「どんな事でも聞きなさい。わかるまで教えます」の言葉は、今でも心に残っています。根気よく教えてくださいました。花の写真は私が生けた花です。人形館で一生懸命にやっておりました。懐かしく思い出されます。

きっかけ~いいと思ったらやってみる~

家の花で遊ぶ
家の花で遊ぶ

家では緊張感もなく適当にお花を生けています。花を触っていると心が和みます。

家の花で遊ぶ
家の花で遊ぶ

友人の玄関には、いつもも美しく花が飾られています。素敵だなと常々思っていました。花の話をしている中で、人形館や家での生け花の記録を見せました。すると、友人が習っている先生の教室を紹介してくれました。

今は、「いいと思ったことはやってみよう」と思い、お誘いはできるだけ断らないことにしています。そんな訳で生け花を習うことにしました。

新型コロナウイルス感染拡大予防として教室はお休みに

先生からの連絡は、「教室を一時休みにする」というものでした。私が住む長野県でも、最近、新型コロナウイルス感染者数が急に増えたためです。
 

先日、山の方で、苔の付いた木(ボク)を拾ったり、ツルが巻いたのを採って使おうと思っていたのに、残念です。先生の言葉を思い出して、家でお稽古しようと思います。

 

まだまだ知らないことばかりです。教室の再開を心待ちにしています。

正月の花を練習中
正月の花を練習中

 

■もっと知りたい■

渡来夢

美しいものに触れたいとの思いから美術館に行ったり、植物を育てたり、きものリフォームなどの手芸を楽しんでいます。元気でいられるように、ピアノの練習やパンを焼くことにも挑戦しています。『やってみよう!』の精神で。日常こそ大切、工夫して、お金をかけずに楽しむこころ豊かな暮らしを目指しています。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ