落語体験記

落語自由自在⑨~桂文珍大東京独演会(下)~

さいとうひろこ
2019/05/31 6

落語が大好きなさいとうさんの落語体験記をお届けします。古き良き日本文化である落語を聴いて楽しく笑うことで、身も心も元気になりますよ。今回は、新作落語が楽しい桂文珍師匠の独演会後編です。

落語演目
【目次】
  1. 「スマホでイタコ」 桂文珍
  2. 「栴檀の森(せんだんのもり)」桂文珍

「スマホでイタコ」 桂文珍

兼好師匠の後は、ふたたび文珍師匠の登場です。

「兼好さんは、好楽師匠のお弟子さんです」

とマクラが始まります。

「他所のお弟子さんはよく育ちますね。うちは? (間があって)弟子が老眼鏡をかけるんですよ。もうガッカリです。なかなか育たない……。弟子が老眼鏡をかけるようでは、おしまいです」

「NHKの『新人演芸大賞』の審査員をやっていますが、自分の弟子が予選を勝ち抜くと、審査はできないのですが、もうずっとやっています。柳家権太楼(やなぎやごんたろう)師匠と2人で、この間もそのことでボヤキ通しでした」

と自虐ネタで笑いを取ります。

「この間、弟子に古典落語の『へっつい幽霊』を教えたくて『へっついって知っているか?』って聞いたんです。そうしたらいきなり、スマホをかざして『へっつい』って言うんです。目の前に師匠がいるんですよ。『何ですか?』って聞けばいいじゃないですか」

「『かまどだそうです』って言うから『かまどはわかるね』って言ったら『かまど』ってまたスマホに話し掛けるんです。かまども知らんのかいなって呆れました。何にも知らないんですね」

「先日若い女性が私を見て『あっ、あっ、』って言ってるんです。立ち止まったら『ファンです』って言ってから、スマホに『関西・めがね・落語』。目の前にいるんですから『お名前なんでしたっけ』って言えば教えますよ。『鶴瓶です』って」

で大爆笑。

「よく鶴瓶と間違えられるんです」

こんな楽しいマクラから「スマホでイタコ」に入ります。

スマホには、あの世とこの世が繋がるアプリがあるというので、「5代目文枝師匠(文珍師匠の師匠です)」とスマホに話し掛け始めます。

「師匠お元気ですか?」

「いや、死んでいる」

のやり取りが妙におかしかったです。さっきのマクラでのスマホの話題は、仕込みというか、ふりだったのですね。

古典落語も素晴らしいけど、文珍師匠の新作落語は本当に楽しいです。「定年の夜」や「老婆の休日」等、もはや名作ともいえる作品がたくさんあります。

「栴檀の森(せんだんのもり)」桂文珍

「栴檀は双葉より芳し 蛇は寸にしてその気を表す」
「洗濯は二晩で乾くか? ジャワ-スマトラは南方に?」
なんてねぇ。

飽きるほど聞いているあの「子ほめ」の中の、栴檀(せんだん)です。

栴檀(せんだん)というのは植物の名前で、昔から虫除けや薬に使われていて、最近の研究ではインフルエンザにも効果があるそうです。

村の公金十両を使い込み困った若い衆2人が、猟師の親分に、隣村の後家さんにお金を借りてくれと頼みにきます。隣村へ行くには、昼でも恐ろしい栴檀の森を通らなければならず、粋がって引き受けた親分ですが、実は人一倍の怖がり。ビクビクして歩く親分の表情が、恐怖に満ち満ちています。

途中、「はめもの(鳴り物)」をふんだんに入れて、怖さを強調。どうなることかと思いきや、自殺願望のある娘に出会います。そんなに死にたいなら手伝ってあげると親切を装う親分。実は娘の所持金が目当てですが、どうやって首を吊るのかと聞かれ、見本を示すと言って、良い枝ぶりを探し、紐をかけ、首をかけ、足元の石を蹴ってしまいます。その様子を見ていた娘「あら、死んじゃった、首吊りは嫌だなあ」とすっかり死ぬ気をなくすのです。

嫌なこと(金策)を人に押し付ける若い衆から始まり、人間の業が次々と描かれていきます。

終演後文珍師匠は「栴檀の森はめったにやりません。面白くないからです」と正直でした。
 

今回の演目
今回の演目

 「さて来年は2020年、ここでお知らせです。実は来年3月にお隣の大劇場でやってみたいと思います。しかも20日間、40公演、全部違うネタですから、1公演2席で80席となります。キャパは1610名ですから、ここにいる方一人残らず、お出かけください」と文珍師匠。って、行きます! 行きます!

「今日は、読売新聞の号外が出ました」と発表されます。
 

読売新聞の号外
読売新聞の号外​​​​​

「ネットで3万円で販売します。って嘘です。新元号令和の号外ではないですからね」

2020年「桂文珍独演会」は、国立劇場大劇場です。今からとても楽しみです。

ぜひみなさんもお出かけください!

さいとうひろこ

東京都 /69歳
東京都 /69歳

趣味は落語鑑賞・気功・テレビ体操・読書・トールペイント・美術館めぐり等。健康は食事からがモットーで「AGEフード・コーディネーター」の資格を取得、老化や病気の原因となるAGEを溜めない食事の仕方や調理の仕方をご紹介します。また、これから落語を楽しみたい方のためにその魅力もご案内します。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ