温泉のプロ・石井宏子さんに学ぶ!

美肌力で選ぶおすすめ温泉と泉質!効果アップのコツも

公開日:2020/12/30

0
会員限定

疲れを取る、ストレス解消、あるいは療養目的で温泉に行く方は多いでしょう。でも、今、温泉で注目されているのが、お肌をきれいにしてくれる美容の働き。泉質の選び方、入り方を、温泉ビューティ研究家の石井宏子さんに教わります。

温泉で「美肌力」をアップするコツ
温泉で「美肌力」をアップするコツ

まずは自分に合う泉質を知ることが大切!

「温泉は基本的に美容にいいのですが、その温泉の特徴を知って入ると、美肌力は格段にアップしますよ」と話すのは、1年で200日以上、全国の温泉を巡る、温泉ビューティ研究家の石井宏子さん。

「温泉は、地球から生まれた、微生物や有機物も含む”生きた水”。一つとして同じ温泉はなく、美肌作用についても、肌の角質を落としてくれるタイプや、肌がしっとりするタイプなど、泉質によってかなり異なります。

源泉かけ流し

美肌になるためには、特に温泉の力をより得やすい源泉かけ流しの温泉(一般に、源泉の湯を循環させずに使い終わった湯をそのまま流している温泉のこと)を選び、自分に合う泉質を知ることが大切です」

そこで注目したいのが、法律で義務づけられている温泉分析表の泉質名。温泉はお湯に含まれる成分によって分類された8種類の泉質と、成分量は少ないけれどマイルドに働く単純温泉に分かれます。

泉質名は問い合わせれば教えてくれるので、まずは温泉を泉質による美肌力で選ぶ。それが、温泉できれいになるための第一歩です。

温泉分析表の泉質名

 

美肌力で選ぶ温泉4グループ

今回は石井さんおすすめの美肌作用のある泉質を4グループに分類しました。

一つの温泉郷の中でも、使用している源泉によって宿ごとに泉質が異なる場合もあるので、湯めぐりの際は、お肌しっとり温泉を最後にするなど、各温泉の泉質をチェックして工夫しましょう。...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ