横山タカ子の「信州・四季の手遊び」・13

食卓にも新緑の香りを!初夏に香る「柏葉のおこわ」

公開日:2021/03/31

1
会員限定

信州在住の料理研究家・横山タカ子さんの季節のしつらいをお届けする連載企画。今回のテーマは「柏葉のおこわ」。横山さんにとって暮らしとは「一番身近な“楽しみ探し”」なのだそう。そんな横山さんの知恵と工夫の詰まった季節の手仕事をご紹介します。

初夏に香る「柏葉のおこわ」
横山タカ子の「信州・四季の手遊び」・13

甘く炊き上がったもち米にほんのり香る柏葉を添えて

5月といえば、木々が生き生きと輝く頃。庭や街に新緑のさわやかな香りが広がる季節です。

「食卓にもさわやかな香りを」と、柏葉のおこわを炊いてみました。柏の葉を器のようにして、ひと晩水に浸したもち米に、和三盆糖でほんのり甘く煮ておいた花豆をのせ、15分ほどふかせば出来上がり。

せいろのふたをとると、...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

横山タカ子

1948(昭和23)年長野県大町市生まれ。長野の郷土食の知恵を生かした家庭料理や保存食を提案。NHK「きょうの料理」などテレビ・ラジオで活躍。年に300日は着物で暮らし、古きよき生活の知恵を取り入れたライフスタイルも人気を集めている。著書に『四季に寄り添い 暮らしかさねて』(信濃毎日新聞社刊)など。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ