プロ直伝!更年期を乗り越えて心地よく生きるコツ#2

すっきり美ボディを保つ!朝昼夜の8つの骨盤習慣

公開日:2024.02.16

更新日:2024.02.14

フィットネスインストラクターとして30年以上の経験を持つkyoさん。更年期以降も心地よく元気に過ごすコツは「骨盤底筋」を整えることだそう。そこで今回は、すっきりした美ボディを保つための朝・昼・夜の習慣について教えてもらいました。

教えてくれた人:kyo(キョウ)さん

教えてくれた人:kyo(キョウ)さん

ボディワークプロデューサー。1997年より整体や解剖学などを学び、「ペルヴィスワーク」を考案。2005年よりオリジナルメソッド「ビューティ・ペルヴィス(R)」としてスタジオ・ヨギーで展開。15年、スタジオ「b-i STYLE(R)(ビィ スタイル)」を東京・青山にオープン。

すっきりした体を保つための「朝の習慣」

「放っておくと内臓が下垂していくと感じる今、頼りは骨盤底筋です」と話すのは、フィットネスインストラクターのkyoさん。普段から意識すれば、骨盤底筋は必ず応えてくれるそう。そんなkyoさんが骨盤底筋を整えるために実践している朝・昼・夜の習慣を教えてもらいました。

朝1:レモン水で、唾液の分泌や食べ過ぎ防止に

朝1:レモン水で、唾液の分泌や食べ過ぎ防止に

コロナ禍に、大きく口を開けて話す機会が減り、kyoさんが家に常備するようになったのが「レモン水」。起床後や、食事の前に飲むことで、唾液の分泌が促進され、食べ過ぎ防止にもなって一石二鳥だそう。

朝2:朝食で、食物繊維や鉄分など栄養補給

朝2:朝食で、食物繊維や鉄分など栄養補給

朝食は、コーヒーとパンなど軽めに済ませて、夜はしっかり食べるというkyoさん。最近は、牛乳で溶かして飲む「本日のきなこ」(純正食品マルシマ)を愛飲。手軽においしく食物繊維や鉄分を補給しています。

すっきりした体を保つための「昼(日中)の習慣」

昼1:レッスンの合間、栄養たっぷりの玄米おにぎりを

昼1:レッスンの合間、栄養たっぷりの玄米おにぎりを

外にランチに出られないときは、レッスンの合間に玄米おにぎりを。レンジで温めるだけの「有機発芽玄米おにぎり」(コジマフーズ)がお気に入り。

昼2:立つときは、...

このコンテンツは、ハルメク365本会員の方のみご視聴ができます

365本会員に登録すれば
記事・講座動画が見放題!

雑誌「ハルメク」

女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

マイページに保存

\ この記事をみんなに伝えよう /

いまあなたにおすすめ